fc2ブログ

目黒吹奏楽団さん

きのうは、3月12・13日開催の立川志の輔さんの独演会を紹介しましたが、本日も気仙沼でのイベントのご紹介。気仙沼市民吹奏楽団と目黒吹奏楽団による「ありがとうコンサート」です。


ありがとうコンサート

気仙沼市民吹奏楽団Facebookより


気仙沼市民吹奏楽団・目黒吹奏楽団
「ありがとうコンサート」
日時:3月13日(日)午後1時開演(正午開場)
会場:気仙沼市民会館大ホール

入場無料ですが整理券が必要です。
整理券は、カンノ楽器、気仙沼市民会館、市役所/地域づくり推進課などで配布中とのこと。

お問い合わせ:カンノ楽器(0226-22-0520)気仙沼市田中前


3月6日の三陸新報もつぎのように伝えていました。


ありがとうコンサート記事

三陸新報3月6日記事の一部イメージ


私は東京・めぐろパーシモンホールでの「復興支援コンサート」で目黒吹奏楽団と気仙沼市民吹奏楽団の合同演奏を何度も楽しませてもらいました。

2016年から2019年まで毎年、そして新型コロナ対応の開催見送りが2度あって、先日2月27日に3年ぶりの開催が実現しました。東京では通算5回となりますが、目黒吹奏楽団の皆さんを気仙沼にお迎えしてのコンサートは今回が初めてです。

◎目黒区との友好都市協定

復興支援コンサートは、目黒区や「めぐろパーシモンホール」などを管理運営する目黒区芸術文化振興財団が主催したもの。同財団は、「目黒美術館」の管理運営もおこなっていますが、同美術館では2016年に「気仙沼と、東日本大震災の記憶 ―リアス・アーク美術館 東日本大震災の記録と津波の災害史」展を開催してくださいました。

目黒のさんま祭などでの交流をきっかけにして、目黒区と気仙沼市が友好都市協定を締結したのは2010年9月18日のことです。締結式はめぐろパーシモンホールにて。三陸新報の記事では、友好都市協定締結から昨年で10年を迎えたとありましたが、私の計算では昨年9月で11年です。

先日の復興支援コンサートで目黒区の青木区長は、その挨拶のなかで、協定締結から6カ月後の3月11日のことを話されました。夜のNHKのニュースで報じられたあかあかと燃える気仙沼の映像が忘れられないと。安波山からながめたあの美しい気仙沼の海が燃えていると。


このコンサートは、気仙沼市東日本大震災10年復興記念事業のひとつ。目黒区の皆さんへの感謝はもちろんのこと、目黒吹奏楽団のお力もお借りして、震災からの復興をご支援いただいた多くの皆さまへの感謝を伝えます。

目黒吹奏楽団さん、いつもありがとうございます。3月13日もどうぞよろしくお願いいたします。

3月2日ブログ「コンサートの写真」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 目黒吹奏楽団気仙沼市民吹奏楽団

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示