fc2ブログ

清雄君の碑案内板

12月30日の三陸新報に、旧気仙沼水産高校に関する記事が掲載されていました。気仙沼市岩井崎の「小野寺清雄君をたたえる碑」そばに案内板が設置されたとのこと。以前の案内板は東日本大震災の津波で損傷したそうです。


12:30小野寺清雄さん案内板

三陸新報2021年12月30日記事の一部イメージ


記事は小野寺清雄さんと碑について、つぎのように説明しています。〈1962年11月29日夜、同校1年だった清雄さん(当時16)は、岩井崎沖で座礁した漁船の乗組員を助けるために海に向かい、命を落とした。碑にはその勇気ある行動が刻まれている〉。

この碑は、昭和38(1963)年6月に気仙沼市と気仙沼水産高校が建立したものです。そして、今回の案内板を設置したのは、清雄さんの水産高校同級生でつくる実行委員会です。案内板には、「水産人としての誇り高き十六歳の生涯を終えた」とも記されています。

記事の最後に、清雄さんの同級生で実行委員長をつとめる小野寺次徳さんの言葉が紹介されていました。「清雄君を知ってもらうことで、海難事故の防止につながってほしい。海と関わる後輩をはじめ、多くの人に伝え、未来に継承したい」と。

昭和39年度の気仙沼水産高校卒業生でつくる実行委員会は、2020年11月29日に58回忌追悼慰霊法要もおこなっています。つぎのブログで紹介しました。

2020年12月3日ブログ「悼 小野寺清雄さん」

石碑に刻まれている文章はこちらのブログにて。

2020年12月4日ブログ「君をたたえる碑文」

小野寺清雄さんのご冥福をお祈りいたします。59年前11月29日の夜。岩井崎沖の海の寒さを思いながら。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼水産高校小野寺清雄

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示