FC2ブログ

三陸の王者

6月9日の三陸新報を見ていたら、なつかしい言葉が目に入りました。〈三陸の王者〉。

記事は、宮城県高校軟式野球春季大会の決勝で気仙沼高校が東北学院をやぶり6年ぶり10回目の優勝との朗報。写真にうつっていた横断幕にこの5文字が記されていました。

ピクチャ 2 (クリックで拡大)
6月9日三陸新報の記事イメージ

〈三陸の王者〉。私がこの言葉をはじめて知ったのは、1962年(昭和37年)。気仙沼高校野球部が、夏の甲子園大会に初出場を果たしたとき。私たちは小学校6年生だったかな。試合のテレビ中継では応援スタンドもうつります。そこに大勢の応援の人らとともに〈三陸の王者〉の大きな旗がありました。気高は強豪校作新学院と対戦。2―1で敗退したものの、延長11回におよぶ大健闘でした。

〈三陸の王者〉は、気高応援歌のひとつでもあります。この歌は1964年(昭和39年)につくられていますので、甲子園出場をきっかけに制定されたものかもしれません。大先輩である泉欣七郎さんの作詞です。

そういえば、いま気仙沼高校には応援団がないのだと聞きました。いつなくなったのだろうか。鼎が浦高校との統合後のことでしょうか。ちょっとさびしい気持ち。まさに応援歌〈時は流れて〉の心境です。

〈 時は流れて幾千秋 治乱興亡 夢の跡 〉

気高軟式野球部は、16日から福島県で開かれる東北大会に出場します。
選手のみなさんの健闘を祈ります。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 気仙沼高校 三陸の王者 時は流れて

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【三陸の王者】

6月9日の三陸新報を見ていたら、なつかしい言葉が目に入りました。〈三陸の王者〉。記事は、宮城県高校軟式野球春季大会の決勝で気仙沼高校が東北学院をやぶり6年ぶり10回目の優勝との朗報。写真にうつっていた横断幕にこの5文字が記されていました。 (クリックで拡?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示