FC2ブログ

漁港区域の拡大2

気仙沼の漁港区域拡大に関しては5月14日のブログでもお伝えしました。
本日はその後の経過をまとめます。

まず、宮城県が申請していた気仙沼の漁港区域拡大は6月4日付で官報に告示され、正式に決定となりました。異例のスピードで手続きがなされたとのことです。

漁港区域を拡大して漁港施設用地に指定された地区は、国の事業として公費による地盤かさ上げや、道路・上下水道の整備も可能となります。水産関連施設以外は立地できなくなりますが、地権者が希望すれば市が土地を買い上げ、水産加工業者への分譲や貸し出しを行います。

そして拡大対象となっている鹿折と南気仙沼の2地区を対象した説明会が、それぞれ6月2日と3日に開かれました。いずれの説明会でも、区域内の被災した宅地について、震災被害がなかったと仮定した価格の約8割での買い取り価格が目安として示されました。たとえば、鹿折の対象地区1平方メートル当たりの評価額は2万1000円~2万4000円です。

2地区では地権者の意向調査がすでにおこなわれ、いずれも約8割の回答率となっています。鹿折地区では回答者の8割がかさ上げに同意し53%が売却希望、南気仙沼地区では85%がかさ上げに同意し59%が売却希望とのことです。2地区を総合すると、約6割がかさ上げに同意し、4~5割が売却希望といった感じでしょうか。

ちょっと気になるのは、かさ上げに同意しない地権者の存在です。かさ上げの工事は、同意を得たブロックから着手されるとのことなので、同意が得られない土地のある地域は作業が遅れざるを得ないでしょう。

こうした土地の整理事業は、私的な財産権に関わることなので難しいこともあるでしょうが、国費を活用しての復興事業がなんとか円滑に進んでくれればと思っています。

5月14日ブログ「漁港区域の拡大」
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気中20 気仙沼中学 漁港区域拡大

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【漁港区域の拡大2】

気仙沼の漁港区域拡大に関しては5月14日のブログでもお伝えしました。本日はその後の経過をまとめます。まず、宮城県が申請していた気仙沼の漁港区域拡大は6月4日付で官報に告示され、正式に決定となりました。異例のスピードで手続きがなされたとのことです。漁港区域を...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示