fc2ブログ

みなとまつり花火

6日(土)7日(日)の気仙沼スローフェスタ2021は天気にも恵まれ、とてもよいイベントになったようでよかったです。スローフェスタは7日午後3時に終了し、6時から湾内で花火が打ち上げられました。

11月6日の三陸新報に、この7日の「海上打ち上げ花火」案内広告が掲載されていました。


花火広告
三陸新報11月6日掲載広告より


広告の上部に「第69回気仙沼みなとまつり」と記されています。これを見て、今年のみなとまつりは新型コロナの関係で中止されたのではなかったかと思った方がいるかも。ちょっと復習しておきましょう。

今年のみなとまつりは当初、東京五輪や本吉マンボウ・サンバ大会の開催などを考慮して、8月21・22日に予定されていました。

しかし5月11日の主催団体長会議で、新型コロナへの対応のため、8月21日の〈はまらいんや踊り〉は実施を見送り、22日の行事に限定して開催することを決定したのです。具体的には、港町でのパレード、うちばやし大競演、海上うんづら、花火などの開催。

5月17日ブログ「8/22みなとまつり」

そして3か月後の8月11日、みなとまつり委員会(会長:菅原市長)から、港町でのパレードやうちばやし大競演などの陸上行事は中止し、接岸なしの海上うんづら、海上打ち上げ花火のみとすると発表されました。

しかしその翌日の8月12日、宮城県は独自の新型コロナ緊急事態宣言を発令、気仙沼市でも感染拡大の傾向がみられました。これを受け、同日付けで8月22日の全ての行事開催を取り止めることとしたのです。

8月18日ブログ「感染拡大の余波」

上記18日のブログでは、8月15日の三陸新報に掲載された全行事開催取り止めの案内広告を紹介しました。そのなかに、「海上打ち上げ花火」などについては、感染状況の推移などを踏まえながら、延期開催について検討していくと記してありました。

ちょっと経過説明が長くなってしまいましたが、この流れでの11月7日の花火であったということです。

7日は、内湾エリアで開催された気仙沼スローフェスタ2021の2日目/最終日。午後3時終了ですから、その3時間後に花火があがりました。20分間。第69回気仙沼みなとまつりは、こうして終了。

みなとまつりの多くの関係者、その多くはスローフェスタにも関係していたのではないかと。そんな皆さんにとって、7日の花火は気持ちのよい〈打ち上げ〉の合図になったことでしょう。

お疲れさまでした。ご苦労さまでした。ありがとうございました。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : みなとまつり

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示