fc2ブログ

気仙沼「マラソン」

きょうは台風の影響で東京も結構強い雨が降っています。今後は北東方向へ移動するとのことですが、暴風雨などがまだあるようです。どうぞご注意ください。

本日は10月1日。本当に月日の経つのが早いですね。東京オリンピックの開会式はいつだったろう。なんか記憶があやふや。調べてみたら7月23日でした。あれからもう2か月以上も経ったのか。

閉会式は8月8日。男子マラソンもこの日でした。前置きが長くなりましたが、本日はマラソンの話です。

まずは、みなと倶楽部発行の「昭和の気仙沼風情(ふぜい)カレンダー」本年版5・6月の写真をご覧ください。


マラソン大会

「昭和の気仙沼風情」カレンダー令和3年版より


写真説明として、〈「気仙沼マラソン大会」(昭和28年)八日町旧藤崎前〉と記されています。昭和28年/1953年ということは私の生まれた年の翌年ですね。

当時は気仙沼でマラソン大会が開かれたんだなあとというのがその時の感想。そして洋服店〈コガネ〉や〈白萩書房〉の名がなつかしいなと。

しかし、調べてみるとどうもこれはマラソン大会ではなくて駅伝競争であったようです。「気仙沼文化史年表」(荒木英夫著)につぎの記載がありました。

昭和28年/1953年3月18日
宮城タイムス社主催三陸鉄道着工記念駅伝競走に新月チーム優勝

同年表によれば前日3月17日には、三陸鉄道気仙沼線起工式がおこなわれています。これを記念して、当時の地元新聞「宮城タイムス」社が主催しての駅伝競走が開催されたということですね。

「気仙沼市史」補遺編「スポーツ・芸術」に、新月(にいつき)地区の陸上競技に関するつぎの記述がありました。

「津谷までの気仙沼線開通記念 宮城タイムス社主催 第1回気仙沼〜津谷駅伝競走大会に参加。新月チームが見事に優勝」(引用は以上)

ほかにはマラソン関係の記述が見当たりませんから、カレンダーの写真は1953年3月18日の駅伝ということでしょうね。


◎気仙沼市誕生は昭和28年6月1日

駅伝がおこなわれた昭和28年/1953年3月の時点では、まだ気仙沼市ではなくて気仙沼町です。新月は新月村。

この年、昭和28年/1953年6月1日に、気仙沼町・鹿折村・松岩村の1町2村が合併し、気仙沼市が誕生したのです。そして2年後の昭和30年/1955年4月1日にはさらに新月・階上・大島3村が加わり、新・気仙沼市となりました。

唐桑町との合併は平成18年/2006年3月31日、本吉町の編入は平成21年/2009年9月1日のことです。

駅伝選手の背に「鹿青」の文字が見えます。これは「青鹿」ではなくて、「鹿折(ししおり)青年団」などの略称ではないかと。「ししせい」。


◎丸藤(藤崎)デパートは昭和37年開店

カレンダー説明文にある「八日町旧藤崎前」についてもちょっと説明が必要かもしれません。この写真が撮影された当時はまだ藤崎はありません。

その場所に「丸藤」デパートが開店したのは昭和37年5月。私が10歳のとき。顧客用エレベーター設置は市内初のことだったと思います。同店はその後に百貨店「藤崎」気仙沼店となりました。

2016年7月8日ブログ「気仙沼デパート史」

なんか話がマラソンから駅伝へ、そして市町村合併からデパートへと変わってしまいました。この辺にしておきます。

以上のことをふまえてカレンダーの写真をながめてみましょう。気仙沼町から気仙沼市となるちょっと前の風景。68年前の〈風情〉がただよってきます。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 駅伝競走風情カレンダー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示