fc2ブログ

気仙沼の地名由来

7月23日のブログで、NHK「日本人のおなまえ」で紹介された地名「気仙沼」の由来について記しました。

そのなかで、その由来には諸説あるとしましたが、本日は気仙沼市史に記された「諸説」内容を紹介します。

「気仙沼市史」第7巻「民俗・宗教編」の民俗編 第5章「言語伝承」第2節「地名」のなかに、〈「気仙沼」の地名の由来〉として、つぎの4項目での記述がなされています。

①アイヌ語の「ケセモイ」転訛(てんか)説
②計仙麻「ケセマ・ケセノマ」説
③「気仙」根源説
④「今朝沼(けさぬま)」伝承、その他の由来

以下、画像の中間部(のど元)が読みにくいのはご容赦ください。なんとか読めることでしょう。



「気仙沼市史」第7巻 p268・269

IMG_4879 2
「気仙沼市史」第7巻 p270・271

IMG_4880 3
「気仙沼市史」第7巻 p272・273


第5章「言語伝承」は、第1節「子供の遊び」第2節「地名」第3節「方言」の3節から構成されています。

執筆者は、第1節が芦立光之さん、第2節が佐々木清さん、第3節が小野寺光允さん。小野寺光允(こういん)さんと書くのはなんか他人行儀ですね。気仙沼小学校3年生のときの担任だった、みんな大好き光允先生です。

川島秀一さんは、市史編さん室職員の記載に主任主事としてお名前がありました。市史第7巻は平成6年/1994年2月発行ですから、川島さんが41〜42歳のころです。

それから27年が経ちました。今では、地名「気仙沼」の由来諸説もアップデートされているかもしれません。川島秀一さんにお会いする機会があれば、そんなことも聞いてみようと思っております。

7月23日ブログ「気仙沼のおなまえ」
2016年8月19日ブログ 「気仙沼」の由来
2014年12月16日ブログ 「今朝沼」語源説
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 地名由来気仙沼市史

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示