FC2ブログ

気仙沼信金総代会

6月30日の三陸新報に、気仙沼信用金庫(菅原務理事長)の総代会が6月28日に開催されたとの記事が掲載されていました。


信用金庫
三陸新報6月30日記事の一部イメージ


記事によれば、気仙沼信金さんは、新型コロナウイルス関連融資を積極的に推進したことで、貸出金が東日本大震災後最高となる507億円に達し、3億4千万円の当期利益を計上。9期連続の黒字となったそうです。

この記事を読んでの感想はいろいろでしょうね。貸出金は、融資を受ける側からいえば借入金ということでしょうから。しかし、信用金庫を取り巻く経営環境が厳しさを増しているといわれるなかにあって、多くの事業者を支えている気仙沼信金の経営が健全であることはなによりのことです。

参考まで記しておくと、2020年3月期のディスクロージャー誌によれば、2020年3月末時点での気仙沼信用金庫会員数は9644人。その代表として選任される総代数は62人、理事は8人となっています。

◎気仙沼信金の新理事

記事の後半に私の興味をひく記述がありました。6月28日の総代会では、退任する高橋脩理事の後任に森田潔氏をあてる議案などを承認したとのこと。

高橋脩さんは、気仙沼商会の現会長です。1978年に同社の4代目社長に就任しています。現社長をつとめる高橋正樹さんのお父様。

そして新理事に就任したのは森田潔さんです。気仙沼の皆さんには説明の必要がありませんが、市内八日町にある森田医院の院長です。

私が興味をおぼえたのは、森田潔先生が気仙沼信用金庫の前身である気仙沼信用組合の初代組合長をつとめた森田八郎さんのお孫さんであるからです。気仙沼信用組合つまり現在の気仙沼信用金庫は、1926年/大正15年9月に設立されました。今年9月で設立95周年を迎えます。

気仙沼市史第4巻「近代・現代編」によれば、設立当初の信用組合は事務所もなく、八日町の森田八郎宅/森田医院で業務を扱ったとのこと。森田八郎さんは第7代気仙沼町長でもあります。

その森田八郎さんの子で、潔先生のお父様である森田昭夫先生も、気仙沼信金の第5代目理事長をつとめています。

森田昭夫先生がご存命だったころ、親子で診療にあたっていた時期があります。そのころ、私の母などは潔先生を〈若先生〉と呼んでいました。

森田家の祖である東周を1代目として、森田潔さんは6代目にあたります。気仙沼医師会長をつとめ気仙沼信用組合理事でもある潔先生を〈若先生〉と呼ぶ人はもういないでしょう。

こうした森田家のファミリーヒストリーについては以下のブログに記しております。

2017年3月29日ブログ「森田家ヒストリー」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼信用金庫 森田潔

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示