FC2ブログ

モネのなまり指導

NHK朝ドラ「おかえりモネ」は、本日でもう33回目の放送。私は録画して毎日夜に見るのを楽しみにしています。

このドラマで感心することは沢山あるのですが、そのひとつがモネの言葉づかいの〈なまり〉です。

ドラマのなかに登場する〈気仙沼弁〉については地元民からのいろんなご意見があるでしょうが、モネ(というかモネを演じる清原果耶さん)のちょっと気仙沼の色をつけたイントネーションは実に案配/塩梅がいい。

「おかえりモネ」の方言/宮城ことば指導は、宮城県出身の俳優で方言指導経験もある鹿野浩明(かのひろあき)さんをチーフに、気仙沼出身のフリーアナウンサー佐藤千晶さんがサブで加わっています。5月4日のブログでも紹介しました。

私は、実際の方言指導というのはどのようにするのだろうかと思っていたのですが、5月27日の河北新報配信記事を読んで納得しました。つぎのツイートをクリックして記事をお読みください。


千晶さんの指導内容の説明のなかに〈台本のせりふを方言に書き換え、俳優の手本となる発音を録音。撮影現場での指導も一部サポートした〉とありました。

なるほど、台本にある言葉を方言に書き換えるんですね。しかし、気仙沼の人にしか通じない言葉にするわけにはいきません。千晶さんも〈当初、控えめにしたつもりの方言も「きつすぎて意味が通じない」とスタッフに突っ込まれた〉と語っています。また、これは脚本をいじることにもなるため、相当な注意をはらわなければなりませんね。一種の〈翻訳〉です。

そして千晶さんは〈イントネーションだけで方言になる。私自身も奥深さを再認識した〉と。具体的には、〈例えば、宮城の方言では「海」や「登米(とめ)」といった単語は2音目が強くなる。人名の「サヤカ」などは、真ん中にアクセントがくる〉というのです。

まさにこれ。私がモネのイントネーション/なまりで感心したのはこの2音目へのアクセント移動です。それがわざとらしくなく、とても自然。

なんていうのかな、あえていえば、気仙沼から東京に出てきて、本人は標準語をしゃべっているつもりでも、どうしても消えないなまり加減とでもいうか(笑)。

清原果耶さんは、そのあたりの微妙な調整がホント上手です。付け加えれば、清原さんの余韻を感じさせる演技、そしてそれを生かす演出もすばらしい。

気仙沼を離れて今は登米に暮らすモネ。気象予報士をめざしているということは、これから東京に行くのでしょうか。もしそうであれば、上京して間もないころ、標準語を話しているなかにさりげなく気仙沼のなまりをまぶしてくれないでしょうか。

清原果耶さんならきっとできるはず。どうぞよろしくお願いいたします。

5月4日ブログ 「モネ」の方言指導

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : おかえりモネ 佐藤千晶

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示