FC2ブログ

スローフェスタ '21

きのう6月16日の三陸新報1面に、「気仙沼スローフェスタ2021」が10月に開催されるとの記事が掲載されていました。


スローフェスタ
三陸新報6月16日記事の一部イメージ


東日本大震災の復興記念事業として、気仙沼市と民間団体による「気仙沼スローフェスタ2021」が10月2日と3日に内湾地区で開催されることが6月15日の実行委員会初会合で決まったそうです。

ここでいう「スロー」とは「スローフード」や「スローシティ」のこと。記事のなかに、気仙沼市は2003年に国内初となる「スローフード都市」宣言を、そして2013年には「スローシティ」認証という記述がありました。


◎「気仙沼スローフード」都市宣言

「気仙沼スローフード都市宣言」は、市が制作したパンフレットによれば、平成15年/2003年3月18日におこなわれました。そして唐桑町合併後の新気仙沼市として平成18年/2006年9月27日に同一の宣言をしたという経緯です。宣言内容はつぎのリンクにて。

「気仙沼スローフード」都市宣言

なお、昭和61年/1986年9月24日には、旧気仙沼市が「魚食健康都市宣言」を発表しています。そして、平成18年/2006年9月27日に、新気仙沼市として「スローフード都市宣言」と同時に、同一内容の再宣言をしています。


◎「スローシティ」認証

そして2013年には、イタリア北部のトリノで開催された、伝統を尊重し持続可能な都市作りをめざす「チッタスロー」の催しで、気仙沼市が日本初となる認証を受けたのです。

「チッタスロー」はスローシティを意味するイタリア語です。三陸新報の記事ではわかりやすく「スローシティ認証」としています。

私はつぎのブログでこの「スローシティ」認証について記しました。ブログ中で紹介したイタリアでの認証が決まった催事は2012年10月28日なのですが、正式な認証年月は2013年になっているようです。

2012年10月31日ブログ 「スローシティ」認証

このブログでも紹介しましたが、2007年には、旧月立(つきだて)小学校の木造校舎でスローフェスティバルが開催されています。私は三陸新報の記事でその盛況ぶりを知り大変うれしく思ったことを覚えています。

さらに2010年11月には南町を中心に「気仙沼スローフードタウン&ライフフェスティバル」も開かれましたが、翌年3月11日の東日本大震災で気仙沼の街は変貌しました。

震災から10年を過ぎての「スローフェスタ」の企画に期待しております。気仙沼の食文化を現代において新たに捉え直すきっかけになればなによりのことです。どうぞよろしく。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : スローフード スローシティ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示