fc2ブログ

モネのOP映像背景

NHK朝ドラ「おかえりモネ」は先週月曜5月17日に放送開始され、今日からは第2週目。先週は登米(とめ)のシーンが多かったように思いますが、今週は気仙沼がメインの週となりそうですね。すでに気仙沼はかなり盛り上がっているようですが、今週はさらにヒートアップすることでしょう。

本日紹介するのは、「おかえりモネ」のオープニング(OP)タイトルバックのメイキング動画です。5月22日(土)、ツイッターのNHK「おかえりモネ」公式アカウントで投稿されました。


大きな布を使っての撮影は気仙沼市魚町でおこなわれたのですね。いやちがうか、いまは魚浜町(うおはまちょう)というのか。コの字岸壁と鹿折地区との中間地帯。

私が小さなころはまだなかった場所です。埋め立てによって整備されました。今は営業をやめたホテル望洋の下にあたります。私の家は魚町坂口からホテル望洋に向かう坂の途中にありました。

今回のオープニング映像の撮影を推測してみると、臼井弘君(3年4組)の福寿水産の前あたりから五十鈴神社/お神明さん方向に走るという感じでしょうか。

その方向の道路沿いには、このブログでもたびたび紹介する民俗学者、川島秀一さんの実家がありました。秀一さんは1学年下の気中21回生。現在は日本民俗学会の会長もつとめています。

秀一さんは、鼎が浦高校の教師をつとめたお母様とその家で暮らしていました。しかし、東日本大震災の津波でお母様を失ったのです。

岸壁の撮影現場から、ホテル望洋の建物がはっきりと見えたはず。そしてその背景の陣山には気仙沼市復興祈念公園が今年3月11日に開園しました。

「おかえりモネ」の今後のドラマ展開の背景に震災がどのように描かれるのか。それが「おかえりモネ」の大きなテーマのひとつであることはまちがいないでしょう。

2018年4月9日ブログ「川島さんの再出発」
 
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : おかえりモネ川島秀一

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示