FC2ブログ

長久丸の岡本船頭

きのう5月11日、今季初の生鮮カツオが気仙沼港に水揚げされました。本日の三陸新報1面のトップ記事の見出しは「待ってましたカツオ」。

カツオ
三陸新報5月12日記事の一部イメージ


気仙沼魚市場に水揚げしてくださったのは、三重県尾鷲(おわせ)市の一本釣り船「第23長久丸」さんです。ありがとうございます。

記事には、岡本漁労長の話が紹介されていましたが、私が驚いたのは、岡本船頭さんの住所が気仙沼市松崎外ヶ沢と記してあったこと。三重県のカツオ船なので船頭さんも三重の人かと思っていたのですが、出身地はわからないものの気仙沼にお住まいなのですね。66歳とのこと。

きのうのブログでは、カツオ漁を通じての気仙沼と宮崎県の結びつきを紹介しましたが、三重県との関係も長く深いですよね。2017年2月1日のブログでは「カツオがつなぐ縁」と題し、そのことを記しました。

2017年2月1日「カツオがつなぐ縁」

三重県に実家のある方が、漁業を営んでいた自宅にある日本画の作者を調べていたら私のブログにたどりつき、本田鼎雪(ていせつ)さんの絵であることがわかったという話です。

そしてブログには、私が小学生だったころの〈三重県の餌買いさん〉の話を記しています。きのうのカツオ一本釣り船が三重県の船だと聞いたときにも、このエサ買いさんのことを思い出しました。

第23長久丸の岡本船頭と気仙沼とはどんなご縁でしょうか。岡本さんが気仙沼の人なのか。あるいは岡本さんは三重の人で、気仙沼の女性と恋愛結婚して当地に暮らしているのか。とかとか。妄想が止まりません(笑)。

三重県の長久丸さん、ありがとうございました。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 三重県 長久丸

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示