fc2ブログ

謝謝台湾 台湾加油

中国は3月1日から台湾産パイナップルの輸入を停止しています。害虫が見つかったということをその理由としていますが、台湾に対する政治的な圧力とみるのが自然でしょう。これに対して、台湾産パイナップルの輸入、購入によって台湾を支援しようという動きが全国で広がりました。

本日紹介するのは気仙沼での支援活動です。4月30日の三陸新報が、気仙沼の市民有志による「ありがとう台湾!パイナップル支援プロジェクト」を紹介しています。


パイナップル

三陸新報4月30日記事の一部イメージ


記事によれば、同プロジェクトでは現地農家から672ケース(4700個)を一括購入して、気仙沼市や陸前高田市、女川町のスーパー、商業・観光施設などの協力で4月30日から販売するとのこと。

記事では、支援プロジェクト気仙沼実行委員会の小野寺紀子さんの言葉を紹介しています。「台湾の支援のおかげで、気仙沼も震災から立ち上がることができた。助け合いの気持ちを寄せていただければ」と。

販売開始直後から、SNS上には〈完売〉との投稿が多くありました。現在はすでに売り切れ状態かもしれませんが、記事にあった販売店を紹介しておきましょう。気仙沼市では、道の駅「大谷海岸」、デイリーポート新鮮館、さかなの駅、みしおね横丁。南三陸町では、さんさん商店街です。仙台の百貨店「藤崎」でも取り扱うとのこと。

東日本大震災で被災した気仙沼市や南三陸町は、台湾の皆さまからは多大なご支援をいただきました。私が知っている範囲でそのご支援内容をまとめておきます。

◎南三陸病院再建への支援

東日本大震災で被災した南三陸病院・総合ケアセンター南三陸の再建にあたっては、建築費用の約4割にあたる22億2000万円が台湾の皆さんからの義援金でした。台湾赤十字(台湾紅十字)を経由して南三陸町にとどけられたのです。南三陸病院は2015年12月に再開、開業することができました。

2015年12月14日ブログ「台湾の皆さまに感謝」

◎台湾仏教慈濟基金会

気仙沼の人たちにとって忘れられないご支援は、なんといっても台湾仏教慈濟(ツーチー)基金会によるご支援でしょう。同会は、宮城、岩手、福島の3県で被災した約10万世帯に総額50億円を超える見舞金を配布し、気仙沼市での配布額は4億円にものぼりました。2011年10月に市役所・ワンテンビルで見舞金支給にあたる慈濟の皆さんの心配りの素晴らしさは多くの人から聞きました。

この慈濟基金会からのご支援に対して、斎藤恒四郎君(3年3組)からお礼を伝えに行こうと提案があり、同年10月18日に同基金会の日本分会(日本支部)をたずねました。つぎのブログで報告しております。

2011年11月19日ブログ「慈済基金会訪問」

日本分会には、2016年2月19日にもたずねています。この年2月6日の台湾南部地震災害へのお見舞いを申し上げるためでした。その報告はつぎのブログにて。

2016年2月19日ブログ「再び慈済基金会へ」

◎気仙沼漁協超低温冷蔵庫

2012年2月に再稼働した気仙沼漁協の超低温冷蔵庫の再建にあたっては、NPO法人「ワールド・ビジョン・ジャパン」から約8000万円が寄付されました。同法人への最多の寄付は台湾住民からのものです。同年7月3日には、台湾の王金平・立法院長ら議員13人が気仙沼市を訪れ、再稼働した超低温冷蔵庫などを視察しています。

2012年7月10日ブログ「台湾からの支援2」

◎気仙沼/市民福祉センター「やすらぎ」

気仙沼市鹿折地区の市民福祉センター「やすらぎ」は東日本大震災で被災しましたが、その再建にあたっての総事業費約7億9千万円のうち、6億円が台湾赤十字(台湾紅十字)の寄付によるものでした。朝日新聞デジタル2017年4月19日配信記事によれば、同年4月14日の開所式には台湾赤十字の王清峰会長も出席されました。

◎お世話役の紀子さん

2016年2月の台湾南部地震のとき、気仙沼では市からのお見舞金だけでなく、市民による募金活動もおこなわれました。そのお世話役も今回と同じく小野寺紀子さんだったように記憶しています。小野寺さんというよりもアンカーコーヒー/小野寺コーポレーションの紀子さんといったほうがわかりやすいかもしれません。

紀子さんは、2015年6月のほぼ日17周年記念企画記事で、台湾への留学経験があると紹介されていました。そうしたことで台湾には知己も多いことと思います。それだけに、こんなときにこそということかもしれません。紀子さん、いつもいろいろとありがとうございます。

台湾の皆さんに機会があれば恩返しをと思う気仙沼の人が沢山いることでしょう。そんななか、台湾事情に詳しい紀子さんがいたことは気仙沼にとっても幸いなことでした。多くの人が台湾産パイナップルを手にしながら、お世話になった台湾の人々のことを思っていたことでしょう。

謝謝(ありがとう)台湾 台湾加油(がんばれ)。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 台湾パイナップル

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示