気高蹴球部史

昨年8月19日のブログに、気仙沼高校でサッカー同好会を創設した藤村俊範君(3年7組)のことを書きました。今日は、そのサッカー同好会の話です。昨日のブログで紹介した千葉正俊君が、4月7日の目黒の桜まつりで会ったとき、この同好会のことについて、つぎのように話してくれたのです。

サッカー同好会の創設を計画した俊範君でしたが、なかなかメンバーが集まりません。スポーツ好きのめぼしいメンバーはすでにほかの運動部に属しているからです。そんな中で俊範君が誘ったのは正俊君。フェンシング部の部員だった正俊君は俊範君の住む本町のとなり化粧坂の住人です。まあ、近所のよしみということもあったのでしょうか。そして、フェンシング部員兼サッカー同好会員になったといいます。剣を持ちつつリフティング(笑)。

そしてなんとかメンバーを集めて、顧問をお願いしたのが広野武蔵先生だったそうです。広野先生は、旧制気仙沼中学の第1回生で、長く気高の教壇にたたれていました。俊範君が頼みこんで力を貸してもらったのでしょう。こうしてなんとかメンバーも顧問の先生も決まって、気高サッカー同好会がスタートしました。

私たちが気高3年のときのはずなので、1969年のことかな。今では想像もできないのですが、この当時、サッカーは市民権を得ているとはいえず、いわばマイナースポーツでした。調べてみたら、1969年には読売サッカークラブが創部されています。「東京ヴェルディ」の前身、というよりも、日本のサッカーの歴史をつくった〈あの読売〉です。東京ヴェルディと同じ歴史をもつ気高サッカー部ということになります。計算上はね。

そんなこんなも今から43年前の話。サッカー同好会は、その後サッカー部に昇格し、現在に至ります。そのサッカー部の歴史のはじまりのときにいた藤村俊範君、千葉正俊君、そして広野武蔵先生の名をどこかに記しておきたいと思い書きました。

今日の東京は一日中つめたい雨が降っています。

2011年8月19日ブログ「謎のインカ少年隊」
スポンサーサイト

テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【気高蹴球部史】

昨年8月19日のブログに、気仙沼高校でサッカー同好会を創設した藤村俊範君(3年7組)のことを書きました。今日は、そのサッカー同好会の話です。昨日のブログで紹介した千葉正俊君が、4月7日の目黒の桜まつりで会ったとき、この同好会のことについて、つぎのように話して?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/65~66歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示