FC2ブログ

合併前の人口推移

4月22日のブログで、気仙沼市の人口が来年には5万人台になりそうだという話を紹介しました。2カ月前にも人口減少の予測を聞いて驚いたことがありました。気仙沼市が2040年時点での将来人口目標を4万2千人にする方針だというのです。

これは2月4日のブログで紹介しました。4万2千人が少ないと驚いてはいけません、国立社会保障・人口問題研究所の2400年人口推計は3万8300人で、市としてはそれより3700人多い目標を掲げたことがニュースだったのです。

2月4日ブログ「2040年 人口目標」

このブログのなかで私は、〈なんとなく気仙沼市の人口は約6万人という思い込みが強い〉と書いたのですが、これを読んだ臼井真人君(3年2組)から〈合併前だと3万人ちょっとかな?〉とメールをもらいました。

そうなんですよね、気仙沼市とはいっても、周辺町村と合併などして現在にいたっているわけで、人口の増減についてはそれを踏まえて語らなければいけません。私たち気中20回生は昭和26年4月〜27年3月生まれで、誕生時には気仙沼町でした。今からすればかなり限られたエリア。気仙沼町が鹿折町と松岩村と合併して気仙沼市となったのは1953年/昭和28年6月1日のことです。

◎合併前の人口

合併前の人口はどれくらいだったのだろう。気仙沼市史を調べてみましたら第4巻「近代・現代編」にデータがありました。

合併時現況

『気仙沼市史』第4巻「近代・現代編」p560より


この数表から人口の数字をひろっておきましょう。


①第1次市制施行/1953(昭和28)年6月1日合併時

気仙沼町21784人、鹿折町8006人、松岩村5982人
計35722人

②第2次市制施行/1955(昭和30)年4月1日合併時

気仙沼市37707人、新月村5125人、階上村5051人、大島村5298人
計53181人

ざっくりといえば、気中20回生が生まれたときの気仙沼町人口は約2万人。2歳ごろの気仙沼市人口は3万5000人といった感じですかね。

この後の合併等については市史に記載がありませんので真人君から教えてもらった数字のみを記しておくことにします。

③唐桑町と合併/2006(平成18)年3月31日

合併時唐桑町人口 約9000人

④本吉町を編入/2009(平成21)年9月1日

編入時本吉町人口 約13000人

「編入」というのは、合併のひとつの方式で正式には「編入合併」と呼ぶそうです。気仙沼市と唐桑町の合併は「新設合併」。新「気仙沼市」の誕生と呼ばれました。

当初は、気仙沼市と唐桑町、本吉町の1市2町での合併が協議されましたが、それが困難となり、まずは唐桑町と合併、その後に本吉町を編入する形となりました。

市町村合併の経過は図で示さないとよくわかりませんね。解説図が見つかりましたので、回をあらためて紹介します。本日はこれにて。

4月22日ブログ「人口減少とまらず」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 人口推移

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示