FC2ブログ

気仙沼伝説上映会

4月17日(土)と18日(日)に、気仙沼市唐桑町の旧小原木(こはらぎ)中学校グラウンドで、ドライブインシアターが開催されるそうです。4月6日の三陸新報が伝えていました。

上映会

三陸新報4月6日記事の一部イメージ


この催事は、住民らによる「海上のメリークリスマス実行委員会」と「小原木地区ふるさと活性化委員会」が、気仙沼市東日本大震災10年復興記念事業の一環で企画したもの。なお、「海上のメリークリスマス」の実行委員長をつとめる三上忠文君は、気仙沼高校のときの同級生です。気高フェンシング部で活躍していました。唐桑ユースホステルを営みながら唐桑町観光協会の会長もつとめています。

さて、今度の土日曜日に上映されるのは、今春5月17日放送開始のNHK朝ドラ「おかえりモネ」に出演する清原果耶さんと鈴木京香さんが主演した映画です。概要を紹介しておきます。

・4月17日(土)
「気仙沼伝説」鈴木京香さん主演
・4月18日(日)
「宇宙でいちばんあかるい屋根」清原果耶さん主演

会場:旧小原木中学校グラウンド
開場:午後5時30分 上映開始:午後7時上映開始
料金等:観覧は無料・各日60台限定
チケット:4月10日午前10時から小原木公民館で配布
問い合わせ:同公民館まで(0226-34-3261)まで

私が注目したのは鈴木京香さん主演の「気仙沼伝説」です。この小林政広監督の作品は、2006年の「気仙沼映画祭」で上映されたものの、一般公開はされていません。小林監督は、この作品の制作で初めて気仙沼を訪れてその魅力にはまり、翌年には市内唐桑の古い家を購入、そこを拠点に『ワカラナイ』(2009)や『春との旅』(2010)をつくったそうです。

こうした本作の背景などついては、2020年9月15日のブログ〈京香「気仙沼伝説」〉で紹介しました。以下に再掲します。


◎京香「気仙沼伝説」

2020年9月15日ブログ再掲

きのう9月14日のブログでNHK連続テレビ小説「おかえりモネ」でモネの祖母を演じる竹下景子さんのコメント「気仙沼は大切な場所です。母のような人がいるところ」について記しました。本日はモネの母親役、鈴木京香さんについてです。


鈴木京香

NHK_PRサイトより


◎小林政広監督『気仙沼伝説』

京香さんが宮城県仙台市出身であることは皆さんご存じのとおりですが、気仙沼とのご縁もありました。小林政広監督の映画『気仙沼伝説』で主演しているのです。

この『気仙沼伝説』は、東北の全県で一本ずつ映画を制作しようという「ええじゃないか、ニッポン!」シリーズの宮城編として企画、制作されました。そして、2006年の「気仙沼映画祭」で上映されたものの、残念ながら一般公開に至っておりません。

この映画のストーリーですが、鈴木京香さんが地元の考古学ファン、杉本哲太さんが幼馴染の考古学者を演じ、隠れキリシタンの残した財宝を巡るラブコメディとのことです。おふたりのほか、小林監督が〈豪華キャスト〉と語る、倍賞美津子、國村隼、岸部一徳、香川照之といった皆さんのお名前がならんでいます。

なお、この映画のタイトルバック曲は、水越けいこさんが歌う「海潮音」(みしおね)です。


◎2012年/大阪での上映

2012年3月3日の大阪のシネ・ヌーヴォの東北映画特集で、本作が上映されたときにおこなわれた小林監督のミニトーク内容がネットにありました。

パラパラ映画手帖No898 『気仙沼伝説』

これによれば、〈2005年9月末から撮影に入り、約1か月半かけて気仙沼、仙台でロケ撮影、2006年に完成。春の気仙沼映画祭で、監督の全作品特集上映が実現し、市民会館で3回ほど上映後、資金問題からずっとお蔵入りしていた〉とのこと。

また、〈この作品で初めて気仙沼を訪れた監督は、ちょうど戻り鰹や秋刀魚の季節で、すっかり土地の魅力にはまり、翌年、気仙沼市内の唐桑に古い家を買って、そこを拠点に『ワカラナイ』(2009)『春との旅』(2010)をつくった〉とも。


◎2017年/小林監督の言葉

小林監督はご自身の会社「モンキータウンプロダクション」サイト中の2017年2月26日付けの記事〈『気仙沼伝説』について〉で、この作品について語っています。

小林監督 『気仙沼伝説』について

この中に次の言葉がありました。

(いろいろな経緯を経て) 〈こうして、ボクは『気仙沼伝説』を監督しました。予算の縛りがあるものの、撮影は順調に進みました。気仙沼の人たちの全面協力があったからです。〉そして〈この映画には、東日本震災前の気仙沼が、あますことなく活写されています〉とも。

私が驚いたのは、小林監督が、〈本作のフィルムのありかもわからない〉と書いていたことです。その言葉を引用しておきます。

〈今現在、フイルムの在り処も判らないことに強い憤りを感じています。何せ、スタッフのほとんどは、この映画を観てないのですから!スタッフだけに限らず、キャストも同様です。〉

キャスト(出演者)も同様に見ていないということは、鈴木京香さんも完成した「気仙沼伝説」を見ていないのでしょう。


◎2017年/仙台での上映

しかし、このフィルムのありかについては心配無用だったようです。小林監督が上記の文を記した9か月後、2017年11月に、仙台市の仙台桜井薬局セントラルホールでの「カナザワ映画祭」で「気仙沼伝説」が上映されました。同時に小林政広監督のトークショーもおこなわれています。

2006年の気仙沼映画祭で上映されたとはいえ、15年前の鈴木京香さんの姿とともに、「気仙沼伝説」にうつる震災前の気仙沼を今また見てみたい思う気仙沼の人も多いことでしょう。しかしフィルムがあっても、著作権や上映権など、商業映画には様々な権利が関係します。それだけに、そう簡単なことではないと思います。

しかし2017年には仙台での上映も実現していることですし、鈴木京香さんがモネのお母さんを演ずることをきっかけに、なんとか再度の気仙沼での上映を実現できるといいですね。

なお、気仙沼の唐桑で撮影された小林政広監督の映画『ギリギリの女たち』(2012年公開)については、つぎのブログで紹介しました。このなかでは「気仙沼伝説」について、慶長遣欧使節船「サンファン・バウティスタ」にまつわる伝説の宝物を探す女性(鈴木京香)の活躍と、ちょっと訳ありの中年男女の恋物語と紹介していました。

さらにこのブログでは、本作を〈いわば「幻の作品」〉と書いたのですが、これまでの上映の経緯を知ると、むしろ〈伝説的な作品〉と呼んだほうがよいのかもしれません。

2012年7月26日ブログ「ギリギリの女たち」
 
(再掲内容は以上)

どのような経緯で今回の上映企画が実現したのかわかりませんが、小林政広監督の縁(ゆかり)ある唐桑での上映は、ある意味での〈里帰り上映会〉かもしれません。チケットは4月10日午前10時から小原木公民館で配布されたはずです。各日60台限定ですので、すでに定員に達しているかもしれませんね。(本日12日お昼に公民館に電話確認したところ、「気仙沼伝説」上映の17日分はすでに受付終了、18日の「宇宙でいちばんあかるい屋根」上映分が若干残っており、本日のみ受付しているとのことです)

伝説的映画「気仙沼伝説」を体験できるまたとない機会かと。是非お楽しみください。

◎新規コロナ感染者

4月9日と10日はいずれも0人でした。しかし4月11日は4名。10代男性学生、40代男性公務員、70代無職男性、70代無職女性です。40代男性公務員は、気仙沼市から唐桑総合支所の産業・建設課職員と発表されています。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 鈴木京香 気仙沼伝説

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございました

この度のドライブインシアター 気仙沼伝説 大好評でした。そうそうわたしは唐桑の三上です(笑)。気仙沼市長、公民館、地元の実行委員会、みなさんのおかげでしたですそして小林監督には大変お世話になりました、AOIプロ浅岡さんありがとうございました。震災後町内で最大の仮設住宅のあった旧小原木中学校グランドで雨の中開催しました。いろんな余韻を残し、地元の手作りハンバーガーを食べながら無事終了しましたですみなさんありがとう

Re: ありがとうございました

三上さん、コメントありがとうございます。気高卒業以来、会う機会がなかったかもしれませんね。コロナ禍などいろいろと大変な中、ご苦労さまでした。陰ながら応援しております。今後ともどうぞよろしく。
プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示