FC2ブログ

大島中学統合決定

気仙沼市教育委員会は、来年4月に大島中学と鹿折中学を統合することを決定したそうです。両校は今年4月の統合をめざしていましたが、新型コロナの影響で話し合いが進まず一年延長されていました。3月31日の三陸新報は一面トップ記事として伝えています。

3:31

三陸新報3月31日記事の一部イメージ

記事では3月29日に開催された懇談会の様子を紹介しています。説明会や懇談会は2018年からこれまで7回にわたり実施してきたとのこと。そして8回目となる今回は、PTAや住民など約50人が参加。菅原市長も出席しました。そして、前回に引き続き統合への反対意見はなく、市教育委員会としては保護者や住民の合意を得たと判断したそうです。


◎大島地区懇談会の経過

今回の決定にいたるまでの経過を少し追ってみましょう。まずは昨年12月3日の懇談会から。

・ 2020年12月3日懇談会

昨年12月5日の三陸新報では、12月3日に大島中学校で開催された市教育委員会による懇談会の様子を紹介していました。保護者や地域住民など約40人が出席。統合に理解を示す声があがった一方、地域から学校がなくなることへの懸念を示す反対の声も出ていたそうです。

12:5

三陸新報2020年12月5日記事の一部イメージ


・ 1月12日懇談会

大島地区の住民約30人が参加して開かれた1月12日の地域懇談会では、〈統合に関して住民の中でも、子を持つ保護者と、持たない住民との間で意見が分かれる場面があった〉とも。

1:14

三陸新報1月14日記事の一部イメージ


・ 3月12日懇談会

そして本年3月12日にも懇談会が。3月14日の三陸新報ではつぎのように伝えています。

3:15大島中統合
三陸新報3月14日記事の一部イメージ


この懇談会には大島地区住民約30人が出席しました。住民側からは反対意見は出ず、「統合はやむを得ない。統合の準備の時間が大切」「生徒が少なく、今の状況では学校機能が維持できない。一日でも早く、子供たちが移れるように環境を整えてあげてほしい」など、早期統合を求める意見が相次いだとのこと。これを受けて、冒頭に紹介した3月29日の市長をまじえての最終合意確認のための懇談会を開催することとなったのです。

◎今後の課題

3月29日という年度末ぎりぎりの懇談会開催と統合計画合意とりつけでした。年度中に計画通りの統合決定をできなければ、再度の統合時期延長ということもありえたのではないかと。いま決めなければまた一年の議論をくりかえす必要があります。決定が遅くなれば、準備の期間がそれだけ短くなるのです。

市教委は、遅くとも5月までに統合準備会を立ち上げて、校名や校歌、通学方法などを検討・決定していくとしています。準備会は、保護者や住民の代表、両校の校長、教頭など20人以上で構成するとのこと。

小中学校の統合計画の実行は各地区住民の心情にも大きくかかわるとてもデリケートな課題です。三陸新報でも、〈大島中と鹿折中の統合〉と両校並列での書き方になっていますが、具体的にいえば、大島に中学校がなくなり、地区の生徒は鹿折中学に通うことになる計画です。大島の皆さんにとっては、まさに〈苦渋の決断〉だったでしょう。大島地区の皆さんにとっては、大島小学校と鹿折小学校の統合も目前の課題です。

この小中学校の統合は、各学校(特に統合「される」側の学校)在校生/保護者だけの問題だけではなく、その地域/学区の将来に大きくかかわるテーマ。さらに言うならば、気仙沼市全体の教育環境整備という観点から議論されるべき問題です。

ブログでこの統合問題をあつかうたびに感じていることがあります。市の教育委員会による統合計画、正式には「気仙沼市義務教育環境整備計画」関連情報の公開が不十分ではないかと。私の探し方が悪いのかもしれませんが、当初の計画内容と実行や延期などの経過に関する正式な情報がどこにあるのかわからない。

デリケートな問題であることはわかりますが、まずは前提となる計画内容や関連情報を共有することから始める必要があるのではないかと。

ちょっと長くなりましたが、私自身の情報整理ということもあり、三陸新報さんの紙面画像をお借りして経過をまとめました。どうぞよろしく。

◎新規コロナ感染者

4月6日、気仙沼市での新規感染者5名が発表されています。10歳未満男性未就学児、30代男性会社員、60代自営業女性、60代無職男性、80代無職女性です。
また、菅原市長は6日、歓送迎会の自粛を要請中だった3月26日に市職員6人が送別会を開き、いずれも濃厚接触者になったと発表しました。TVニュース映像はヤフーでも配信されました。詳しくは河北新報4月7日配信記事をご覧ください。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 大島中学 小中学校統合

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示