FC2ブログ

「鎮魂と追悼の日」

気仙沼市復興祈念公園は、本日3月11日午後1時に一般開園されます。そして午後6時から30分間は祈念公園内のモニュメント「祈りの帆(セイル)」点灯式がおこなわれます。点灯後には、気仙沼出身の畠山美由紀さんによる歌唱が予定されています。ギターは小池龍平さん。曲は「「わが美しき故郷よ」でしょう。

点灯式のライブ配信はつぎのサイトで。配信開始は午後5時50分です。





私たち気仙沼中学20回生は、同級生だった及川保則君(3年5組)と鷺(庄司)良子さん(3年8組)を失いました。また、多くの人が親族をはじめ大切な人を亡くしています。そうしたこともあって、復興祈念公園整備にあたってのクラウドファンディングにも参加し、公園内の寄付者銘板には「気仙沼中学校第20回生支援会」と記してあるはずです。

また、広く気仙沼出身者の首都圏同年会「けせもい会」としても同ファンドに参加しました。仙台近辺の気中20回生を含む同年会であるKSS42(昭和42年中学卒気仙沼・仙台三陸会)も同じく。

こうした多くの人の気持ちが込められた復興祈念公園、そしてモニュメント「祈りの帆(セイル)」です。

◎3月11日からのヒカリ

震災から1年後の2012年3月11日、気仙沼の陣山にあるアーバン マリアチャペルでは、「3月11日からのヒカリ」点灯式がおこなわれました。畠山美由紀さんのライブコンサートも。私は東京でインターネット配信の映像を見ておりました。

3月11日からのヒカリは、2012年から18年まで連続7回おこなわれ、私たちも気仙沼中学20回生支援会として毎回協賛させていただきました。

気仙沼の内湾〈鼎ヶ浦〉の3カ所から天に向けて3本の光を放射する3月11日からのヒカリは、気仙沼を離れて東京に暮らしている私にとって、本当に心にしみる催しでした。毎年おなじことを書いているのですが、自分の心のなかで点灯する3本の光です。

今年もこのプロジェクトの実行委員会代表をつとめた斉藤道有さんのお許しを得て、2017年版ポスター画像を再掲します。



「3月11日からのヒカリ」2027年版ポスター(写真撮影:斉藤道有さん)



◎渡辺謙さんや糸井重里さんらも気仙沼へ

きのうの菅原市長のツイートによれば、渡辺謙さんも気仙沼にいらっしゃるようです。千葉憲二君の「かもめ食堂」そばの謙さんのカフェ「K-port」は、木曜定休ですが本日3月11日は営業しているとのことです。

そして糸井重里さんも昨年と同じく気仙沼へ。今年は9日から「ほぼ日」の永田泰大さんと2021年版の気仙沼漁師カレンダーの写真家である幡野広志さんが福島を経由して気仙沼に向かっています。気仙沼で糸井さんと合流するとのこと。

旅の様子はTwitter #気仙沼311 で9日から随時掲載されています。どうぞご覧ください。

◎鎮魂と追悼の日

9年前のこの日のブログタイトルは「鎮魂と追悼の日」でした。きょうのブログも同じく。静かに一日を過ごします。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼市復興祈念公園 3月11日からのヒカリ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示