FC2ブログ

ケイさんのオープン

3月2日の三陸新報にめでたい広告が掲載されていました。魚町の有限会社ケイさんが、「つくだ煮工房」として元からの場所である魚町2丁目で本日3月3日に新築オープンです。

ケイ開店

三陸新報3月2日掲載の協賛広告


ケイさんの代表菅原義子さんは、私にとって遠洋漁業などを営んでいた「カクダイ」菅長水産の奥様といったほうがわかりやすい。カクダイさんはケイさんの紹介サイトによれば明治38年/1905年創業とのこと。

有限会社ケイ/紹介サイト

船名「長功丸」とともに記憶のある菅原長之助さんは、『菅原長之助回想録』の書誌情報によれば1903年生まれのようですから、創業者はそのお父様でしょうか。長之助さんは、気仙沼の菅原茂市長の祖父にあたります。

義子さんらがサンマのつくだ煮をつくり始めたのは27年前、平成6年/1994年のことだといいます。そのころには、遠洋漁業をたたんでいたのでしょう。なにせご近所なものですから、夏などの帰省の帰りの荷物のなかにはいつも母が買い求めたケイさんのつくだ煮がありました。値段も手頃でおいしいしね。

2011年、震災の津波で魚町の工場は全壊しました。その後に魚町は土地区画整理事業も始まったこともあり、2016年には港町での営業をはじめました。ホテル観洋の下あたりですかね。

そして本日オープンの新築店舗です。つくだ煮工房/店舗の後はご自宅でしょうか。そのまた左側にうっすらと見えるのは「福よし」さんです。

私の震災前の記憶でいえば、写真の右側角には臼福さんの小さな倉庫スペースがあって、その2階に私たちの1年先輩である臼井房恵さんのキルトスタジオフウがありました。その左がカクダイさん、そして「イチジュウ」畠和水産、福よしという順番ではなかったかなあ。写真をみると、区画整理で微妙に場所がかわっているようです。

そうすると、広告の左側にこれもうっすらとうつる茶色の建物は臼福本店さんでしょうか。佐々木徹君(3年1組)や臼井真人君(2組)に聞けば一発でわかる話なのですが、こうしてかすかな記憶をたどっていくのも楽しいのです(笑)。

菅原義子さんはじめ、ケイの皆さまに魚町店舗オープンのお祝いを申し上げます。おめでとうございました。益々の繁盛を願っております。

2020年2月4日ブログ「福よし」営業再開
2020年5月14日ブログ「臼福本店新築落成」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : ケイ つくだ煮工房

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示