FC2ブログ

カードゲーム発売

昨年3月の「全国高校生マイプロジェクトアワード」全国大会で、気仙沼高校3年生のふたりが最優秀賞「文部科学大臣賞」と、参加高校生の投票で選ばれる「高校生特別賞」のダブル受賞を果たしました。これについては、昨年4月のブログでも紹介しています。

2020年4月27日ブログ「気仙沼クエスト」

受賞したのは、畠山瑛護(えいご)さんと吉城拓馬(よしき たくま)さん。松岩中学時代からの親友とのことでした。受賞プロジェクトは「気仙沼クエスト〜『内輪受け』が起こす観光革命」です。

当時の報道でも、スマホゲーム「気仙沼クエスト」と「気仙沼カードゲーム」の2種があり、実在する人物に出会いながら気仙沼の街を巡ることができるとのことでした。

そしてここからが新しいニュース。このふたりが制作したカードゲームが、気仙沼市まち・ひと・しごと交流プラザ内のスクエアシップで、1月から販売されているそうです。三陸新報さんが2月2日の記事で伝えてくれました。


カードゲーム

三陸新報2月2日記事の一部イメージ


販売されているカードゲームが、昨年の受賞プロジェクト時のものと同じなのか少し違うのかがちょっとわかりませんが、観光地カード10枚、地元民カード20枚から構成されているそうです。20人の〈地元民〉は、選ばれし者たち(笑)。

価格は税込み500円。2月2日時点では品切れ中とのことでしたが、スクエアシップに問い合わせたところ追加分が入荷したとのこと。お手頃な価格ですし、内湾近辺におでかけのときにでも是非お求めを。

余談になりますが、畠山瑛護さんは気仙沼高校美術部所属と聞いております。今年8月に「気仙沼クエスト」の特別版「気仙沼みなとまつりクエスト」を公開したときの情報では、大学受験準備のためにしばらくゲームづくりはおあずけとのことでした。

その後どうしているかなあ。旧気仙沼高校美術部OBとしてはちょっと心配。元気にやってるかあ。応援してるぞお〜(かげながら)。

カードゲームのお問い合わせは、スクエアシップへつぎのメールアドレスにて。どうぞよろしく。

info@square-ship.com
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼クエスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示