FC2ブログ

3/11祈念公園開園

一昨日13日の地震には本当に驚いた。東京でも相当なゆれで、怖さを感じながら気仙沼、東北は大丈夫かと心配になりました。余震の可能性などもあるとのことですので、どうぞ気をつけてお過ごしください。

ここからが本題。気仙沼市の東日本大震災追悼式を3月11日の午後2時半から市総合体育館「ケー・ウェーブ」で開催することが、2月12日に市より発表されました。昨年は、新型コロナの影響で中止となっており、今年の開催がどうなるかと気をもんでおりました。

2月13日の三陸新報ではこのように伝えています。

追悼式

三陸新報2月13日記事の一部イメージ


今回の追悼式は、新型コロナウイルス感染拡大防止のために、例年は約860席だった椅子の配置を550席に減らすなどしての開催となります。

◎復興祈念公園

三陸新報の記事にもあるように、3月11日には、市内陣山(じんやま)で整備が進められていた気仙沼市復興祈念公園が開園します。開園式は午前11時半より関係者限りでおこない、一般の方々の入園は午後1時からとなります。また、午後6時からは、同公園のモニュメント「祈りの帆(セイル)」の点灯式もおこなわれ、その様子をオンラインで配信する予定とのことです。

記事によれば、復興祈念公園は当初、2020年秋の開園を目指していたものの、新型コロナの影響で時期を2度見直したとのことですが、補足が必要でしょう。

新型コロナの関係で開園予定を見直したのは2度かもしれませんが、さかのぼれば4度目の開園時期見直しとなるのではないかと。

2016年3月に公園の整備場所が陣山に決定した時点では2018年度中の完成を目指すとしていました。しかし、基本計画がまとまった2017年6月時点では、2019年度内の完成を目指すと。そして、2019年のクラウドファンディングでの寄付募集開始時には2020年秋の完成見込みとなりました。それが今年1月には2月に開園を予定との報道。そしてこのたび3月11日にという経過です。

話がしつこくなっておりますが、魚町にあった実家の裏山/陣山が敷地ということもあり、復興祈念公園について私はちょっとうるさいのです(笑)。

3月11日の夜にモニュメント「祈りの帆(セイル)」の点灯式という企画はとてもいいですね。追悼式の開催を限定的にせざるをえないなかで、とてもシンボリックな催しとなることでしょう。2012年から18年まで連続7回おこなわれた「3月11日からのヒカリ」を思い出す人も多いことでしょう。

新型コロナウイルスの感染拡大が沈静化して、静かな3月11日を迎えられることを心から願っております。

2017年6月23日ブログ「震災復興祈念公園」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 復興祈念公園

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示