fc2ブログ

三陸新報新年写真

すでにお正月気分はぬけておりますが、成人の日ということでちょっとおめでたい写真のご紹介。

三陸新報の1月1日号は、新年号第1集・2集合わせて全38頁でした。いろいろと興味深い記事も多かったのですが、一面トップ記事の写真がすばらしかった。


元旦号

三陸新報1月1日記事より(クリックで拡大)


「東日本大震災10年 復興・創生 その先へ」との見出しで、写真には「大島亀山上空から太平洋を望む」とのキャプション。

亀山などに白く見えるのは雪でしょうから、12月に入ってからの撮影ですかね。太陽が一定の高さまでのぼっていますが、午前中でしょう。遠くの海にその照り返しが輝き、まさに新年の気分にふさわしい一枚です。

右手には、気仙沼大島大橋「鶴亀大橋」、そしてさらに右奥には気仙沼湾横断橋「かなえおおはし」もうつっています。

亀山からの360度パノラマの風景も実にすばらしいけれど、これもまさに絶景ですね。

ドローンを利用して撮影するのでしょうが、操縦者と撮影者は別の人なのでしょうか。操縦者の脇でモニターを見ながら、ここだというところでシャッターをきるみたいな。

右下の牡蠣いかだもぃいし、左上の雲もなかなか。

そういえば、以前のブログで三陸新報新年号の写真を紹介したことがあったなと思い調べてみましたら、2018年1月7日のブログでした。

三陸の元旦

三陸新報1月1日掲載記事の一部イメージ(クリックで拡大)


シリーズ企画「私と大島大橋」第1回目記事の写真。太陽の高さと右から左下への向かう船と航跡のバランスが絶妙です。

いずれの記事にも撮影担当者の情報はありませんでしたが、もしご存じの方らいらっしゃれば、〈すばらしかった〉とお伝えいただければと。お手数をおかけいたしますが、どうぞよろしく。

◎新型コロナ感染者

1月9日に、新たな気仙沼市民の新型コロナ感染が発表されました。12月の感染者との接触歴がある40代女性とのことです。気仙沼市の感染者は累計19人となりました。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 三陸新報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示