FC2ブログ

小山謙一君の笑顔

気仙沼市「広報けせんぬま」の元旦号に、気仙沼湾横断橋の愛称が「かなえおおはし」に決定したことが紹介されています。本日はそのことを紹介しようと思っていたのですが、方針を変更。ほかのページに同級生の笑顔がありました。

「実践 社会参加と健康長寿」のページに、〈小山の健ちゃん〉こと小山謙一君(3年9組)が紹介されていたのです。

謙一君
広報けせんぬま」2021年1月1日号より


謙一君は気仙沼市役所に長く勤めていましたが現在は退職。震災時には、教育委員会の教育次長でした。

気仙沼市「東日本大震災 災害対応記録集」には、同級生の林(奥玉)小春さん(3年2組)、臼井真人君(2組)とともに、震災時の対応に関しての文章が掲載されています。つぎのブログで紹介しました。

2019年8月23日ブログ「同級生の震災記録」

市広報の記事では、気仙沼市の「上地区」での〈青空喫茶〉のことが紹介されています。

上地区というのは、市の社会福祉協議会のエリア名です。「かみちく」と読むのでしょうか。新町(あらまち)、福見町、古町、本町などを包含する地区名だと思うのですが。気仙沼中学校の学区エリアでいえば、上地区のほか「魚町」「南町・柏崎」「中央」「南」「西」などの地区となっているようです。「中央」は八日町や三日町かなあ。

謙一君は、新町1区自治会長だけでなく、上地区社会福祉協議会の会長もつとめているのですね。

記事内容は広報を読んでいただくとして、私がおどろいたのは、謙ちゃんの笑顔です。気小、気中、気高と一貫して同じ笑顔(笑)。勉強もできて、性格もやさしかった。市役所を退職したあとも、こうして地域のための活動を続けているのですね。頼りにされるのでしょう。納得。

「広報けせんぬま」記事の上部につぎの言葉がありました。「社会参加は、地域への貢献だけではなく、自分自身の健康長寿にも関わってくる」。

ホントそうだと思いますね。

健一君、ありがとう。いろいろとご苦労さまです。これからも、新町、上地区を、どうぞよろしく。

話は変わりますが、1月1日には気仙沼市民1名の新型コロナ感染が発表されています。60代男性会社員とのこと。気仙沼市累計17人となりました。

2017年6月5日ブログ「謙ちゃんと謙さん」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 小山謙一

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示