fc2ブログ

「かなえおおはし」

気仙沼湾横断橋(正式名)の「愛称」が「かなえおおはし」に決定とのことです。

まずは河北新報の12月29日ツイート記事から。



そして、三陸新報の記事。

かなえおおはし

三陸新報12月29日記事の一部イメージ


年内に決定内容を発表とのことでしたが、昨日まではとくに報道もなく、どうなっているのだろうかと思っておりました。

私はこのブログでもお伝えしてきた「気仙沼ベイブリッジ」で応募しました。市の募集要項に示されている応募内容・基準への疑問はあったものの、各基準ごとにちょっと長い説明文を記しておきました。字数制限がなかったことに甘えて。

三陸新報の記事によれば、鼎が浦をモチーフにした案が多く、「夢、希望をかなえる」という意味をこめた「かなえおおはし」に決定したとのこと。これにならんで多かったのは気仙沼ベイブリッジやそれに類似したものとのこと。

すべてひらがなにした「かなえおおはし」での応募はなかったようです。記事に、決定した愛称に近い「かなえ大橋」「鼎大橋」と書いた9人に、地元物産品の詰め合わせを贈ったとありました。

年末にしつこい話は避けますが、愛称が「かなえおおはし」と決まっても、正式名「気仙沼湾横断橋」が多用されるような感じもいたします。地元の人は「横断橋」かな。それと、英文名はどうなるのでしょうか。「KANAE OHASHI」ですかね。

どうしても、「気仙沼大島大橋」(正式名)の愛称「鶴亀大橋」のことを思い出してしまうのです。名称としてよくても、使われなければはじまりません。

なお、以前のブログで、「気仙沼ベイブリッジ」とすれば、正式名称の英文名と一致させることができるのではないかと書きましたが、気仙沼市の公式英文Facebook「
KESENNUMA - BUILDING FOR THE FUTURE」の12月20日記事では、「Kesennuma Bay Crossing Bridge」の表記としていました。これが国交省としての正式英文名称がどうかはわかりません。

私は愛称が「かなえおおはし」に決まったいま、正式英文名を「Crossing」をはぶいた「Kesennuma Bay Bridge」にしてほしいと思っております。

そして、おれだぢは英語でよぶべし(笑)
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼湾横断橋

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示