FC2ブログ

男山への嫁入行列

12月16日の2人につづき、昨日17日も気仙沼市居住者2人の新型コロナウイルス感染が発表されました。いずれも40代男性会社員。東京は822人でした。引き続き、感染予防に留意することにいたしましょう。

ここからが本題。12月1日のブログで、唐桑の「花嫁行列」映像を紹介しましたが、本日は、昭和初期の気仙沼における嫁入(よめいり)行列を。

「目で見る気仙沼の歴史」(1972年 気仙沼ライオンズクラブ発行)にこんな写真が掲載されています。

嫁入行列

「目で見る気仙沼の歴史」p148より


菅野青顔さんが書いたと思われる解説文を以下に引用します。

〈 昭和4、 5年ごろの嫁入行列。

婚礼当日、貰い方は、くれ方に行き結婚式をあげ、ご馳走になって嫁(又はムコ)をつれ、帰宅する。

くれる方に行く人は、媒酌人(ばいしゃくにん)2名、御諸親夫婦2名(おもらい)、左諸親夫婦2名、ムコ、御客様夫婦2名、ムコ、1人、仲間2人が4名(タンス、長持かつぎ)、若者1名(タル、他の土産持ち)となっている。

これは、その家の貧富、身分によって違うが、写真は、斉直商店から男山本店に嫁入した時のもので、貰い終って帰ると、歌をうたいながら、いせいよくモチ(あるいは大根)をつき、台所から迎える。〉(引用は以上)

いかにも青顔さんの文章なのですが、内容がちょっとわかりにくい。文中に〈ムコ〉が2度登場するのはなぜなのか。〈仲間2人が4名〉とはなんなのかとか。そんなことで、昭和4、 5年ごろという年代も確たるものではないかも。

諸親(もろおや)は両親のことだそうですが、左諸親というのがどのようなことなのかわかりません。当時の気仙沼での婚礼のしきたりの貴重な記録だとは思うのですが、ちょっと惜しい感じがします。

◎斉直商店

文中の男山本店については説明不要でしょう。一方、お嫁さんを出した斉直商店はどこにあったのだろう。〈斉直〉さんという名は聞いたことがあるのですが。

ヒントは、写真にうつる看板。醤油醸造元販(売)。それを手がかりに気仙沼市史を調べてみました。

ありました。気仙沼市史第5巻「産業編(上)」の「麹・味噌・醤油造り」(p395)の記述に紹介されている、昭和4年「町勢要覧」、昭和28年「気仙沼町誌」のいずれにも、〈内の脇の斎藤直吉〉の名が。

市史では、当時の主要な醸造者に関して個別の説明を記していました。斎直商店のほか、浜田屋本店(八日町)、大藤屋商店(魚町)、菊武商店(新町)、平野本店(三日町)の計5店です。

斎直商店についての記述を引用します。


◇斎直商店(現 気仙沼市幸町3-3-8 斎藤召伸)

初代直吉は魚町で呉服太物商を営み、3代目直吉も後を継いだが、大正4年頃、内の脇に工場を建てて醤油醸造を始めた。
3代目信一は、太平洋戦争中の出征もあったが、同家の勤め人たちの努力もあって戦時を無事切り抜け、昭和40年代まで醸造を続けていた。
4代目(現)召伸の代に、◎(注:下記参照)から醤油を仕入れての加工販売に切り替えた。(引用は以上)

上記で◎印としたのは、登米町の醸造者とのことなのですが屋号で記載されていました。山(ヤマ)に叶。たぶん〈ヤマカノ〉だろうと思い、しらべてみると、登米町寺池にヤマカノ醸造(株)が今もありました。

大正4年頃、内の脇(ないのわき)に工場を建てたとありますが、上の写真にうつる家屋風景は内の脇ではないような。初代が呉服太物商を営んだ魚町とみるのが自然であると思います。

なお、呉服は絹織物、太物(ふともの)は綿織物や麻織物です。呉服太物商は、広義の織物商といってよいでしょう。

さて、青顔さん流に言えば〈くれる方〉の斎直商店さんについての概略はわかりました。一方の〈もらう方〉男山本店さんのお婿さんはどなただったのか。

私は、男山本店の現代表、菅原昭彦さんの祖父にあたる菅原克己さんではないかと思っています。つまり、気仙沼市長もつとめた菅原雅さんのお父様。

少し話が長くなりますので、これについてはまたあらためて。

昭和4年(1929年)の2月23日には南町や魚町一帯を焼き尽くした「昭和の気仙沼大火」がありました。大震災で被災したものの再建を果たした男山本店の建物は、この昭和4年の大火後に建設されたもの。

それを考えると、「目で見る気仙沼の歴史」の説明文にある〈昭和4、5年ごろの嫁入行列〉の行き先が気になってくるのです。

2019年2月2月25日ブログ「昭和の気仙沼大火」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 斉直商店 男山本店

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示