FC2ブログ

唐桑の「花嫁行列」

気仙沼市唐桑町で11月22日、昔ながらの花嫁行列が行われました。三陸新報では翌日23日に一面の記事、さらに11月28日には〈ズームアップ〉欄で写真特集として紹介していました。

本日紹介するのは、三陸新報の「花嫁行列」YouTube投稿映像です。




結婚したのは、唐桑町出身の山口貴生さんと、6年前に兵庫から移住した佐々木美穂さんです。美穂さんは、いわゆる「ペンターン女子」のおひとりですね。

22日の記事によれば、この花嫁行列は約350mを30分かけておこなわれました。200人ほどの住民が行列の後ろについて一緒に歩いたそうです。映像にうつる踊りは〈浜甚句〉。御崎(おさき)神社では、松圃虎舞(まつばたけとらまい)保存会の皆さんが太鼓でおふたりの結婚を祝います。

行列をいろどる浜甚句、そして太鼓。3分半の映像には、唐桑の皆さんの喜びとお祝いの気分が満ちています。

映像にも登場する松圃虎舞の皆さんが、2018年の目黒のさんま祭で太鼓や虎舞を披露してくれました。そのときにお願いして撮った写真がこれです。


松圃虎舞メンバー
松圃虎舞保存会と気仙沼市立中井小学校の皆さん(クリックで拡大)


2018年9月19日ブログ「松圃虎舞の皆さん」

写真の上部、左側の生ビールのぼり旗の下が、気仙沼市移住・定住支援センター MINATOのセンター長をつとめる加藤航也さん。そのまた左下がたぶん佐々木美穂さんでしょう。

そのMINATOサイトに、2017年3月の佐々木美穂さんインタビューが掲載されています。

MINATO/佐々木美穂さんインタビュー


◎魚町の花嫁行列

私の記憶に残る花嫁行列は、佐々木徹君(3年1組)のお姉さんヨシエちゃんの結婚のとき。あさひ鮨/村上力男さんの奥様、良恵さんです。

たぶん私が高校生のころだと思います。50年以上前のこと。花嫁衣装の良恵さんが魚町の佐々木家を出て、近所の人たちが行列をつくってカネシメイチの前を通っていくというイメージ。新郎が一緒に歩くわけではなく、花嫁が花婿の家に向かうということだったと思います。力男さんの実家は、南町の鮮魚店〈カネシチ〉さん。(12/2追記:佐々木徹君がお姉さんの良恵さんに確認したら、行列は式場の南町/割烹「古川屋」に向かったとのこと。徹君は、古川屋で皆さんを待ち受ける準備で行列は見ていないそうです。式場が古川屋さんと聞けば、当時の気仙沼における格式というものを感じますね)

良恵さんは、魚町でも有名な美人。さらに性格もいいということで、力男さんが是非にこの人をと思ったのも無理はありません。そして、めでたくご結婚。

どうぞ、あさひ鮨で良恵さんを見かけたら、〈魚町の花嫁行列〉のことを聞いてみてください。

話を戻します。

山口貴生さん、佐々木美穂さんにお祝いを申し上げます。ご結婚、おめでとうございました。

2月13日ブログ「ペンターン女子」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 花嫁行列 唐桑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示