FC2ブログ

変わる商業地図

4月29日のTBSテレビで放映された気仙沼関連のニュース映像を紹介します。
「被災地・気仙沼、変わる〈商業地図〉」。約2分の映像です。

(配信終了)

沿岸部は多くの店が移転・廃業するなか、以前2~3割が空き店舗だった田中前地区は現在すべてが埋まっています。そして、〈復興計画が実施された後は新しい沿岸部の方がお客さんを引きつける可能性がある〉と語る菅原茂市長のコメント。わずかな紹介でちょっともの足りない編集です。

そのあと、南町から田中前に店を移した店主の方の「あっち(沿岸部)は、がれきの山」というコメントは、私の印象と違うなと思いました。たしかに〈住んでいる人が少なく、店を出しても商売にならない〉のは間違いないでしょう。しかし南町も魚町もほとんどのがれきの山はすでに撤去され、鉄筋のビルなどが残るものの、建物があまりない空間が広がっているように思うのですが。

映像の最後に「気仙沼市の復興計画/集中復興期間5年、目標期間10年」の文字。
これからかかるであろう時の長さを思い知らされました。
スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

tag : 気仙沼 気仙沼中学 気中20

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示