FC2ブログ

美由紀さんの新譜

畠山美由紀さんの初セルフプロデュース・カヴァーアルバム「Song Book #1」が9月16日にリリースされました。そして、これを記念して開催されたビルボードライブ公演のダイジェスト映像が11月6日にYouTubeにて公開されました。公開期間限定です。

9月1日のビルボードライブ大阪の映像では、「宵待草」「わが美しき故郷よ」「ロマンスをもう一度」の3曲。9月3日のビルボードライブ横浜の映像では「クレマチスよ」「星めぐりの歌」の2曲が紹介されています。いずれも後半3分の1ほどはビルボードライブのPR映像です。

◎9月1日:ビルボードライブ大阪
宵待草/わが美しき故郷よ/ロマンスをもう一度



◎9月3日:ビルボードライブ横浜
クレマチスよ/星めぐりの歌




ビルボードライブ大阪の映像2曲目は「わが美しき故郷よ」です。2011年12月7日にリリースされた同名のアルバムに収録されています。

何度も聞いているこの曲ですが、2020年9月1日の歌声はまたちょっと違ったニュアンスも感じられます。それが意識的なものなのかどうかはわかりませんが、これこそがライブのもつ面白さなのでしょう。

これからさらに10年経った美由紀さんは、いったいこの曲をどのように歌うのだろうか。そんなことを思いながらくりかえし映像を見ております。この週末、みなさまも是非に。

なお、ブログタイトルは「美由紀さんのニューリリース」とでも書くのが自然なのですが、勝手な基本方針である見出し8文字からあふれてしまうので〈新譜〉としました。

最近はこの〈新譜〉という言葉は使われているのだろうか。若い人には〈陳腐〉だったかもと心配しております。今週はこれにて。

追記:〈新譜〉が〈新曲〉と同じ意味であれば、今回の「Song Book #1」は新譜ではありませんね。カバーアルバムですから。いまさらブログタイトルを変えることはしませんが、どうすればよかったのだろう。すなおに「わが美しき故郷よ」かな。これでちょうど8文字。

しかし、過去のブログで使ったことがあるかもなと思い検索してみたら、やはりありました。

2013年12月17日ブログ「わが美しき故郷よ」

8文字もなかなかに難しい。ということでどうぞよろしく。

ビルボードジャパン/リリース記念インタビュー
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 畠山美由紀

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示