FC2ブログ

鹿折金山史話 発行

10月25日の三陸新報に、鹿折金山に関する証言記録をまとめた冊子「陸奥 気仙沼黄金郷 鹿折金山史話」が発行されたとの記事が掲載されていました。発行元は気仙沼市の鹿折金山資料館運営委員会(藤村範光委員長)です。


金山記録

三陸新報10月25日記事の一部イメージ


記事によれば、この冊子では、鹿折金山で最後の鉱山監督をつとめた中村源一郎氏の妻・はつえさん(故人)が語った全盛期の金山の思い出話や、中村家に関する資料の解説を紹介しているとのこと。また、一昨年に他界した鉱山研究家の村上安正氏が残していた「鹿折金山こぼれ話」も新たに掲載しているそうです。

この記事を見たときに、ちょっとおどろきました。ちょうど11日前、鹿折金山のことについて書こうと思っていたからです。


◎中村敬二氏訃報広告

10月14日の三陸新報につぎの訃報広告が掲載されました。

10:14 中村敬二氏訃報
三陸新報10月14日掲載の訃報広告


鹿折金山資料館の館長をつとめていた中村敬二さんが10月12日に亡くなったことのお知らせです。この広告の右側には、中村家としての訃報広告も掲載されていました。気仙沼市上東側根の住所の左に屋号として記してあったのは「金山」です。

この訃報広告のなかで、中村家の方々のお名前に続いて、友人代表として加藤宣夫さんのお名前がありました。

加藤さんは上記の記事の中にもお名前があった鉱山研究家村上安正氏を追悼する文章を昨年4月28日の三陸新報に投稿しています。つぎのブログでも紹介しました。なお、上記の三陸新報10月25日記事では村上安正氏を〈一昨年に他界した〉と記していますが、加藤宣夫さんの追悼文によれば昨年/2019年3月24日がご命日です。

2019年5月6日ブログ「追悼:村上安正氏」

このブログ中にも記しましたが、明治時代に鹿折金山の採掘権を所有していたことがあるのが中村亀治氏で、10月12日に亡くなった中村敬二さんはその子孫なのです。

鹿折金山最後の鉱山監督である中村源一郎さんは敬二さんのお父様なのでしょうか。同じ中村性ですが確認できません。

このたび発行された「鹿折金山史話」を読めば、その辺の話も含めて細かなことがいろいろとわかるのでしょう。

今回発行した100部は関係団体や個人に寄贈したそうですが、今後は増刷して販売することも検討していると記事にありました。その際には是非入手したいと思っております。

鹿折金山や同鉱山から産出されたモンスターゴールドについては、下記の2つのブログに記しております。お手すきのときにでも。

末尾になりましたが、鹿折金山跡や歴史資料の保存にご尽力された中村敬二さんへの敬意を表するとともに、そのご冥福をお祈りいたします。

2016年9月9日ブログ「モンスターGOLD」
2016年9月12日ブログ「怪物金塊諸説紹介」
 

スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 鹿折金山

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示