FC2ブログ

サンマの初水揚げ

10月10日(土)、気仙沼港に今季初となるサンマが水揚げされました。翌日の三陸新報の紙面です。地元の喜びというか、ホッとした気分が伝わってきます。

水揚げ

三陸新報10月11日記事の一部イメージ


気仙沼港で初水揚げが 10月になったのは記録が残る1974年以降はじめてのことだそうです。この日、水揚げしてくださったのは福島県いわき市の水産会社丸中漁業の第11権栄丸(ごんえいまる)さんでした。ありがとうございました。


◎2011年のサンマ初水揚げ

本日ご紹介する〈初水揚げ〉は、東日本大震災後のサンマ初水揚げです。当時のテレビ朝日系ANNのニュース映像がYouTubeにありました。





2011年8月24日に震災後初となるサンマ18トンを水揚げしてくださったのは石巻の第6安洋丸さん。

同船は、震災時の津波で鹿折地区に打ち上げられましたが、大型クレーンでつり上げて海に戻されました。その後に気仙沼で修理されて8月12日に出港したのです。

なお、当時、第6安洋丸をはじめとする陸上に打ち上げられた5隻の漁船回収を担当したのは五洋建設さんです。大型クレーンや大型キャリアなどの重機を駆使した〈前代未聞の陸上サルベージ作業〉であったと同社サイトにありました。ご参考まで。

ANNニュース映像には、当時の気仙沼漁協組合長、〈カネダイ〉佐藤亮輔さんがうつっています。被災した魚市場の復旧など多くの課題をかかえるなかでのこの水揚げをどんなにうれしく思ったか。

それから9年。10月10日の水揚げでは、入港を歓迎するセレモニーがおこなわれ、菅原市長や気仙沼漁協の現組合長〈福洋水産〉齋藤徹夫さんが水揚げに感謝する挨拶をおこない、記念品を手渡したとのことです。

気仙沼港でのサンマやカツオの初水揚げは、魚市場だけではなく街全体を活気づけてくれます。

その中でも2011年8月24日、そして2020年10月10日のサンマ初水揚げは、特別というか格別というか、まさに〈待ちに待った〉喜びに満ちたものだったでしょう。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 初水揚げ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示