FC2ブログ

鹿折の新道路開通

国道45号線から気仙沼大島へのアクセスがさらに便利になりました。県道大島浪板線の東八幡前から浪板(なみいた)にかけての区間が10月5日に開通しました。
また新たな架橋「錦大橋」を含む市道区間も同時に供用を開始しました。10月6日の三陸新報が伝えています。


10:6道路整備

三陸新報10月6日記事の一部イメージ


10月5日に開通したのは県道と市道それぞれ1区間です。市道には新しい架橋「錦大橋」も含まれます。

記事にある地図を見てもはじめはよくわかりませんでした。よくみると、左側が北方向になっているのですね。頭を左に傾けてやっと土地勘がもどってきました。

地図部分だけ回転してみましょう。上方が北になります。

地図



県道、市道それぞれの概要を以下に。

①県道/大島浪板線

国道45号分岐点(のマイヤ気仙沼北店付近)から浪板橋付近までの1kmが開通し、大島大橋への接続がスムーズになりました。

②市道/都市計画道路 鹿折駅浜線

上記県道開通の前日10月4日には、鹿折川に新しく架けられた「錦大橋」の開通式がおこなわれました。

錦大橋は延長63mで、錦町と浪板地区を結びます。橋を含む270mの市道は10月6日に上記県道とともに供用が開始されました。

開通式の日10月4日の菅原市長のツイートを紹介しておきましょう。



「錦大橋」はとても立派な橋ですね。三陸新報の記事には、大島と市街地を結ぶ主なルートだった浪板橋の混雑緩和にもつながるとありました。

地域の皆様、そして市や県の工事関係者の皆様、新道路の開通、おめでとうございました。


なお、この県道/大島浪板線の愛称をおぼえているでしょうか「気仙沼大島龍宮海道」です。その途中にある気仙沼大島大橋の愛称は「鶴亀大橋」。あらためて〈愛称〉のむずかしさを感じます。これらのネーミングにまつわる気仙沼の「龍宮伝説」についてはつぎのブログにまとめておりますのでお手すきのときにでも。

2019年4月19日ブログ 気仙沼「龍宮海道」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 錦大橋 大島浪板線

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示