FC2ブログ

2つの「Gマーク」

2020年度グッドデザイン賞を、気仙沼のふたつの企業が受賞しました。10月1日に発表されました。ひとつは、株式会社SUGAWARAさんのインドネシア料理店「ワルンマハール」。もうひとつは、臼福本店さんの「第一昭福丸」です。

グッドデザイン賞は「Gマーク」としておなじみの賞。日本デザイン振興会/グッドデザイン賞サイトからふたつの受賞内容を引用紹介します。


①地域コミュニティづくり

「ムショラを併設したインドネシア料理店ワルンマハール」


グッドデザイン賞
グッドデザイン賞サイトより


グッドデザイン賞サイト/本件紹介

概要:
気仙沼には、多くのインドネシア人が暮らしています。彼らは、技能実習生として私たちの産業を支えているパートナーです。彼らの多くはムスリムで、礼拝や食事などの生活面で多くの課題を抱えています。本施設は、そんな彼らが故郷の味を安心して食べられるムスリムフレンドリーなムショラ(小さな礼拝所)併設のインドネシア料理店です。

プロデューサー:株式会社SUGAWARA 代表取締役 菅原渉
ディレクター:Kaibaデザインノード株式会社 代表取締役 前田圭悟/認定NPO法人底上げ 理事 成宮崇史

(サイトからの引用は以上)

菅原渉さんは、インドネシアでのリサイクルアスファルト事業の展開や、同国から日本への研修生受け入れなどに積極的に取り組んできました。

そうした関わりのなかから生まれたのが、気仙沼魚市場前/みしおね横丁内のインドネシア料理店「ワルンマハール」そして、礼拝所「アル・ラウダー」でした。

これまで本ブログでもいろいろと紹介させていただきました。下記の記事をご覧いただければと。

3月13日ブログ「気仙沼のサラメシ」
2019年8月20日ブログ「みしおねの礼拝所」


②遠洋まぐろ延縄漁船

「第一昭福丸」

昭福丸
Photographer:Takumi Ota


上の画像は、グッドデザイン賞サイトでの該当頁画像が使えないので、以前も紹介したnendoさんサイトのニュース掲載写真を拝借しました。

グッドデザイン賞サイト/本件紹介


受賞企業:株式会社臼福本店
概要:
遠洋まぐろ延縄漁船の第一昭福丸は「人が集まる魅力ある漁船」をコンセプトに建造しました。世界の大海原でも安全に操業ができるよう、また洋上での長い生活を少しでも快適に過ごしてもらえるように、乗組員ファーストを意識した次世代型の漁船です。

プロデューサー:株式会社臼福本店 プロジェクト事業部(社長:臼井壯太朗)
ディレクター:有限会社nendo 佐藤オオキ氏+株式会社乃村工藝社 青野恵太氏

(サイトからの引用は以上)

nendo/佐藤オオキさんは、2010年以降たびたびグッドデザイン賞を受賞していますので、今回もさほどの驚きはないのですが、「遠洋まぐろ延縄漁船」での受賞というのは異色ではないでしょうか。

「第一昭福丸」については下記のブログでも紹介しております。

5月15日ブログ 「nendo」と昭福丸
2018年12月3日ブログ「nendoのマグロ船」


以上が受賞内容の概要です。


◎拡張する「デザイン」の意味

数十年前の「グッドデザイン賞」の対象は製品/プロダクトデザインが中心でした。いわば狭義のデザインといってよいでしょう。しかし近年は「デザイン」の概念が造形や視覚的な要素も含みながら、人とモノやコトとの関係を計画することも包含するようになってきており、「グッドデザイン賞」もそうした広義のデザインを対象とするようになっています。

今年度のグッドデザイン賞は、デザインにおいて他者や社会、環境などについて考え、それに応えることを示す「交感」をテーマに応募を受け付け、4,769の審査対象の中から、1,395件の「グッドデザイン賞」を決定したとのこと。

「ワルンマハール」は、気仙沼で働くインドネシアの人たちのために、飲食やイスラム教礼拝施設の提供によって、「交感」を実現しているといってよいでしょう。

そして、「第一昭福丸」のコンセプトは「人が集まる魅力ある漁船」でした。外装のビジュアルデザインはそのひとつの要素ですが、むしろ居住空間やWi-Fi設備の完備といったことが、漁船員と船舶そして漁労との新しい関係を生み出すための大きなテーマになったと思います。

第一昭福丸を審査対象として臼福本店さんのクロマグロはえ縄漁が、〈マリンエコラベル/海のエコラベル〉とも呼ばれる「海洋管理協議会(MSC)」認証を取得したのは、8月10日のことでした。

今年度のグッドデザイン賞の応募締め切りは6月2日でしたから、応募内容にMSC認証取得のことを付け加えることはできなかったと思います。しかし、もし間に合えば、このMSC認証という事実はグッドデザイン賞を受賞するうえでのさらなる好材料になったと思います。


昨年は、気仙沼の〈気仙沼内湾ウォーターフロント・「迎」ムカエル・「創」ウマレル(PIER7)〉が2019年度グッドデザイン賞を受賞しました。

2019年10月11日ブログ「グッドデザイン賞」

私はとてもうれしくて、11月3日に東京ミッドタウン六本木で開催された受賞展を見にいきました。今年ものぞいてみようかなと思って調べてみたら、新型コロナウイルスの関係でしょう、中止となっていました。残念。


最後になりましたが、菅原渉さんや臼井壯太朗さんをはじめ、関係者の皆さまにお祝いを申し上げます。これからの活動への大きな励みになりますね。このたびの受賞、本当におめでとうございました。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : グッドデザイン賞

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示