fc2ブログ

水梨小跡地の木碑

気仙沼市立水梨小学校が、惜しまれつつ閉校したのは2019年3月のことでした。146年の歴史に幕をおろし、松岩小学校と統合されたのです。その閉校記念碑が旧校門跡に建てられたという話をこのブログでも紹介しています。

そしてこのたび、水梨小学校校舎が建てられていた3カ所に、小学校跡地を示す木碑(もくひ)を設置したとの記事が9月20日の三陸新報に掲載されていました。


9:20水梨小JPG

三陸新報9月20日記事の一部イメージ


この碑を設置したのは、市内水梨コミュニティ推進協議会(尾形幹男会長)です。

記事によれば水梨小は、1873(明治6)年に「老松小学校水梨子支所」として開校し、昨年3月の閉校までに3回移転しているそうです。これまでも各所に木碑が置かれていたそうですが、老朽化がひどかったため、新たに設置したとのことです。

少子化に対応して、気仙沼市の小中学校統合計画については、これまでも様々な議論、検討がおこなわれてきました。これからもその対象となる各校に関しては賛否いりまじる声がさまざま聞こえてくることでしょう。

私は、三陸新報の記事を読み、しみじみとしたものを感じました。閉校やむなしとしても、母校の歴史についての記憶が地域に末永く残って欲しいという気持ちはとてもよくわかります。

今回の木碑設置は、同小の閉校記念事業費を活用しておこなったと記事にありました。今後の統合計画の実行にあたっては、閉校となる学校の歴史を後世に伝えるための方策をしっかりと考えて、必要な予算措置もおこなって欲しいと感じております。

水梨小に関しては、水上不二作詞、磯部俶作曲の校歌についてなど、つぎのブログでも紹介しております。お時間がございましたらこちらも。

2019年3月26日ブログ「水梨小学校の校歌」
2019年11月8日ブログ「磯部さんとのご縁」
2019年12月4日ブログ「水梨小閉校記念碑」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 水梨小学校

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示