fc2ブログ

「モネの家族」発表

9月11日の午前11時、NHKから来春放送の連続テレビ小説「おかえりモネ」で主演する清原果耶さんを取り巻く新たな出演者が発表されました。NHKの発表には、〈ヒロインを取り巻く「気仙沼の家族」決定!〉とありました。


気仙沼の家族

NHK_PRサイトより(画像クリックでサイトへ)


百音の父は内野聖陽さん、母は鈴木京香さん。そして妹は蒔田彩珠さんで祖父が藤竜也さん、祖母が竹下景子さんです。詳しくはNHKの発表をお読みください。

11日に発表された菅原市長のコメントに〈宮城にゆかりのある方もおり〉とありましたが、仙台出身の鈴木京香さんのことを指しているのでしょう。京香さんについてはあらためて書くことにして、本日はモネの祖母役とともに〈語り〉もつとめる竹下景子さんについて。

竹下景子さんのコメントはつぎのとおりです。〈気仙沼は大切な場所です。母のような人がいるところ。この役をいただいたとき、運命を感じました。モネの清原果耶さんを真ん中に愛しい家族になれますように。陸奥の人の温かさと優しさと強さを語りを通して伝えられればと思います。海の中から愛をこめて。応援よろしくお願いします。〉

気仙沼にいる母のような人とは誰だろう。気仙沼の多くの人がそう思うことでしょう。

私は、気仙沼大島の〈宮古屋〉熊谷すん子さんではないかと推測しています。そうです、気仙沼高校の同級生で、現在は市議もつとめる熊谷雅裕君のお母さん。

私は2011年11月5日のブログで竹下景子さんのことを書きました。ブログタイトルは「景子さんが来た」。

このブログでは翌日のテレビ番組を紹介したのです。2011年11月6日放送の大正製薬HumanScienceスペシャル「風邪に負けないSP」。竹下景子さんは、この番組の取材のために気仙沼を訪問しました。そこで、4年前の旅番組で知り合った熊谷すん子さんとの感動の再会があったというのです。

なにせ9年前のテレビ番組なので、その再会の様子を思い出すことができないのですが、〈感動の再会〉という言葉からその親しさがうかがわれます。

果たして正解はいかに。今後のドラマ制作の経過報告や紹介のなかではっきりすることでしょう。

ブログ「景子さんが来た」のなかにリンクを貼ってあった「宮古屋の雅裕君」というブログのなかで、熊谷すん子さんの俳句を紹介していました。

「命得ればこそ 老鶯(ろうおう)の谷渡り」

すん子さんが雑誌『環』に寄稿した文章など、9年前のブログを久しぶりに読んで、記事を書いていたときの気分をちょっぴり思い出しました。

2011年10月27日ブログ「宮古屋の雅裕君」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : おかえりモネ竹下景子

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示