fc2ブログ

開所から一年経過

きのうのブログでは、気仙沼新魚市場の水産情報等発信施設が新型コロナの影響でグランドオープンできないという話を紹介しました。その一方で、同じ新魚市場C棟2階に昨年8月にオープンした「クッキングスタジオ」の昨年度利用は好調だったようです。8月13日の三陸新報が伝えています。


クッキングスタジオ

三陸新報8月13日記事の一部イメージ


記事は、市の水産課による昨年度利用実績を伝えるもの。クッキングスタジオの開所式は昨年8月18日のことでしたから、一年経過したことでの紹介ということでしょう。

記事によれば、昨年度は延べ1806人の利用があり、催事回数は66回。そのうち行政関係の行事が半数の31回/1019人となっています。

公民館の調理室などで受け入れできない商用利用があったのが特長で、民間企業の利用は7回/81人で、大手食品メーカーによる商品説明会、地元企業による外国人バイヤー向けのにぎりずし体験などに使われました。

充実した設備をもつ調理台が12台あり、講師用調理台の上にはカメラが設置されていて講師の手元を大画面にうつすこともできるそうです。こうした充実した設備や備品などが好評の理由のひとつでしょう。

ただ、こうした好調な利用実績も昨年度の話。今年度はやはり、新型コロナの影響で4〜5月にかけて休館したほか、当面は3密を避けるために入館制限しているそうです。

私がクッキングスタジオの記事をうれしく読んだのは、昨年8月18日におこなわれた開所式に、「ちばき屋」や「まかない㐂いち」、そして「気仙沼かもめ食堂」も経営する千葉憲二君(3年4組)が講師として招かれ、講演と調理実演をおこなったからです。

そのときの話は、下記のブログ「微力ながら応援」にまとめております。ご覧いただければと。

昨年度の利用が好調だったことを憲二君が知れば喜んでくれることでしょう。そんなことを思いながら本ブログで紹介させてもらいました。

2019年5月20日ブログ「微力ながら応援」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼魚市場クッキングスタジオ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示