fc2ブログ

「TRITON」気仙沼

気仙沼市は、沿岸漁業の若手漁師を確保、育成する事業を開始しました。本事業は、石巻市での同種事業の展開で実績のある一般社団法人フィッシャーマン・ジャパンに委託して推進されます。

この漁師担い手育成プロジェクトのキックオフイベントが7月29日にみしおね横丁の鶴亀食堂でおこなわれました。7月30日の三陸新報が伝えています。


7:30若手確保

三陸新報7月30日記事の一部イメージ


フィッシャーマン・ジャパンさんは、この担い手対策支援事業を、気仙沼の一般社団法人歓迎プロデュース とともに「チームTRITON気仙沼」を立ち上げ、宮城県漁業協同組合とも連携して推進していくとのことです。

歓迎プロデュースさんは、みしおね横丁で「鶴亀の湯」や「鶴亀食堂」を運営しています。少し補足すれば、代表の小野寺紀子さんらが、気仙沼に漁師さんのための銭湯をつくろうと計画し、クラウドファンディングその他の資金調達にあたって必要な一般社団法人を2018年12月ごろに設立したという経緯だったと思います。

三陸新報記事によれば、小野寺さんは、「漁師を日本一大切にするまちとして活動している。気仙沼に来て良かったと思えるようにしたい」と語ったそうです。

また、フィッシャーマン・ジャパン(FJ)代表理事の阿部勝太さんは、「呼び込みよりもアフターケアが大事」としており、就業者が住むシェアハウスの確保や交流会の開催、相談にも注力するとしています。なお、阿部さんは、FJサイトのメンバー紹介によれば〈ワカメ漁師〉です。

フィッシャーマン・ジャパン/サイト
TRITONプロジェクト/サイト

沿岸漁業においてさまざまな課題をかかえているのは気仙沼も石巻も同じでしょう。そのなかにあって、両地域がこの水産業の新しいあり方や若手人材の確保・育成に連携して取り組んでいこうというこの試みはとてもいい。

トリトンは、ギリシャ神話における海神。嵐をしずめる「安全の神」とされ、船の航行の安全を守ってくれるそうです。

「チームTRITON気仙沼」は、トリトンに気仙沼の鶴と亀が加わった、縁起の良さでは最強のチームといってよいでしょう。期待しております。
 
2019年11月25日ブログ「鶴亀さんの受賞」

 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : フィッシャーマンジャパン歓迎プロデュース

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示