FC2ブログ

熱気のかげり

2カ月が経ちました。

気仙沼市は今月10日、5月16日から私有地のがれき撤去を開始すると発表しました。ただ、公共施設、幹線道路周辺や雇用創出の観点から事業所集積地を最優先する方針とのことで、魚町や南町は後回しになりそうです。まあ、しかたがないこととは思いますが、こうした行政の動きを待てない人は、個別に重機を手配したりしているようです。

気仙沼市広報「私有地のがれき・損壊家屋の撤去について」はここをクリック

ボランティアの人達の手伝いもありますね。先日、南町の紫会館に避難している知り合いが「10人以上来てくれてめちゃくちゃになった店の片づけを手伝ってくれた」と語っていました。受け入れ体制の限界もあって、まだまだ足りないようですが、本当にありがたく頭が下がります。

一方、5月8日の朝日新聞朝刊に「ボランティア急減」の記事。

「気仙沼市ボランティアセンターも6日に、JR一ノ関駅へ迎えのバスを出した。4月27日には、対応しきれない数のボランティアが殺到することを懸念して対象を「県内の人」と絞り、連休中の新規登録の受け付けを中止していた。その方針を転換して6日から募集を再開したが、40人乗りのバスに乗ったのはたった2人だった」

これを紹介したのは、記事がいうところの「ボランティアの熱気のかげり」を責めようとしたからではありません。
むしろ、そこに、2カ月を経て忙しい仕事や暮らしの日常に戻りつつある自分たちの姿を見たような気がしたのです。

義援金口座はここから
現地連絡所はここから

スポンサーサイト



テーマ : 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助
ジャンル : 福祉・ボランティア

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示