FC2ブログ

ロータリークラブ

新型コロナの関係で、投稿が遅れていた記事がいくつかあります。本日はそのなかからひとつ。

気仙沼ロータリークラブが創立60周年を迎え、その記念式典が2月1日にホテル観洋で開催されました。同日の三陸新報では一頁広告を掲載していました。


ロータリー広告
三陸新報2月1日掲載広告


広告中の会長挨拶によれば、気仙沼ロータリークラブは1961年1月27日に、仙台ロータリークラブをスポンサークラブとして30名のチャーターメンバーによって創立されました。最大時には60名を超えることもあったそうです。

東日本大震災では、在籍会員2名とそのご家族を失いました。また未曾有の被災により退会を余儀なくされた方もあり、現在は26名で活動しているそうです。現在の会長は、(株)角星の代表である斉藤嘉一郎さんです。

そして60周年記念事業として、内湾地区に造成中の魚町・南町4号街区公園に「道標(みちしるべ)の像」を建立し、市へ寄贈します。この像は、彫刻家の重岡建治さんによるもの。また、創立30周年記念事業として創設された育英奨学助成金を今回から拡充。これまでは市内高校より各校1名の推薦を受けて授与していましたが、本年から各2名、合計8名に授与されます。2月2日付け三陸新報の記事によれば各10万円です。

広告中に歴代会長の名が記されていました。気仙沼を代表する経済人などのお名前がならんでいます。

歴代会長

気中20回生関係も何人か。たとえば、第20代の中井佐吾一さんは中井茂君(3年8組)のお父さん。そして第57代は臼井真人君(2組)です。現在の第60代会長の斉藤嘉一郎さんは、小山容子(5組)さんの弟さんといったあんばい。

広告の下部には現在の会員名が列挙されていました。先代から受け継いで会員という方も多いようです。同級生では臼井真人君のみですね。

こうしてクラブ60年の歴史を会長名など〈人物〉でたどっていくと、気仙沼の地域経済の変遷がリアルなイメージとして感じとれたような気がします。

気仙沼ロータリークラブさん創立60周年のお祝いを申し上げます。おめでとうございました。

なお、気仙沼ロータリークラブとならびたつ気仙沼ライオンズクラブは、2016年に結成55周年を迎えていますから今年で59周年ということになります。一年違いだったのですね。同クラブの55周年記念事業のひとつ、「目で見る気仙沼の歴史」復刻版の制作については2016年12月のブログに記しております。

2016年12月8日ブログ「気仙沼の歴史復刻」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示