FC2ブログ

優しさと思いやり

4月5日に新型コロナウイルス感染が確認された気仙沼市内1名の患者に関わる濃厚接触者が15名と宮城県から発表されていました。

現在は自宅待機となっている濃厚接触者への感染の有無を、多くの人が心配していたと思いますが、4月11日に気仙沼市から記者発表がおこなわれました。「濃厚接触者に異常なし」。発表資料から主要部分を引用します。

〈 市では「15名に関しては保健所としてPCR検査、経過観察などを通し継続してフォローしており、現在まで感染の兆候はみられない。」との宮城県気仙沼保健所の見解を確認したところです。(11日午前)〉(引用は以上)

とりあえずは安心といったところでしょう。

そして同日4月11日の三陸新報にはつぎの投稿が掲載されていました。タイトルは「今こそ優しさと思いやり」。


投稿
三陸新報4月11日投稿記事


投稿者は、気仙沼市田中前の小野寺恵喜さん。人気洋菓子「Gotto(ゴット)」で知られる株式会社パルポーの小野寺社長でしょう。

前半部から少し引用すると、〈願うのは感染者本人や身内の方々を犯罪者扱いにしないことです〉そして〈今は感染者が早く回復できるよう官民一丸となって励まし、応援し、元気を与えることがとても大切だと思います〉などと述べています。

気仙沼でどのような真偽不明の話がでまわっているのかについては知るよしもありませんが、望まれる市民の対応としては小野寺さんが言うとおりでしょう。市内で確認された感染者がいまは一人ですが、〈明日はわが身〉になる可能性もあるのですから。

投稿文はつぎのように続きます。〈思い出してください。感染者を受け入れ、優しくそして懸命に世話をされたホテル三日月の従業員のみなさんを〉と。

中国・武漢市から帰国し、勝浦市のホテルに滞在していた人たちを、勝浦市民が温かく見送ったことについての三陸新報「記者席」の記事については、2月17日のブログ「勝浦のおもてなし」でも紹介しました。

あの「記者席」の記事は2月15日でした。2か月前のこと。東京に暮らす私にとってもまだまだ〈他人事〉でした。それがいまや。というようなことで、小野寺さんの呼びかけが強く印象に残ったのです。

投稿文は、タイトルにもうひとつの語句を加えて、つぎのように結ばれています。(大切なことは)「優しさと思いやりと勇気です」。

小野寺恵喜さんについてはつぎのブログでも記しております。在宅仕事の休憩時にでもご覧いただければと。

2016年1月11日ブログ「銀河鉄道のGotto」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 小野寺恵喜 パルポー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示