FC2ブログ

「なんでも鑑定団」

1月21日のテレビ東京「なんでも鑑定団」に、気仙沼出身の生島隆さんが出演することは知っていたのですが、すっかり忘れて見逃してしまいました。しかし、BSテレ東での放送が本日1月23日(木)19:55からあるので、これを見ようと思っています。気仙沼でも同じ日、1月21日に東日本放送で放送されたはず。

生島隆さんが鑑定を依頼した品はこちら。「千宗旦(せんのそうたん)の茶杓(ちゃしゃく)」です。


番組サイトより


番組サイトから生島隆さんのプロフィールと、この品のエピソードを引用します。

芸能事務所生島企画室社長。兄はフリーアナウンサーの生島ヒロシ、弟はスポーツライターの生島淳。元々は会計事務所で働いていたが、1989年兄がTBSを退社し独立した際、1年でいいから手伝って欲しいと頼まれ2人で事務所を興した。以来31年、今やアナウンサー、役者、文化人など約80名のタレントが所属する大手事務所に成長した。中でも優木まおみは自分が考えたキャッチフレーズ「エロかしこい」で大ブレーク。

お宝は一昨年事務所創立30年の記念に知人の社長がくれたもの。その方は大の骨董好きで馴染みの店で手に入れたらしい。しかしよく聞くと元の値段は100万円だった所を交渉の末50万円で買ったというのでちょっと怪しい気もする。(引用は以上)

本人評価額は100万円です。鑑定士は中島誠之助さん。中島さんの養父(伯父さん)が、特に茶道具の世界でよく知られていた骨董商だったこともあり、誠之助さんのこの分野での鑑定/目利きにも定評があります。

なお、この茶杓のエピソード中にもある事務所創立30周年については、つぎのブログにて。週刊文春や週刊新潮に紹介された記念パーティーの様子を紹介しております。

2019年1月23日ブログ「生島企画室30周年」

昨年9月3日放送のこの番組に気仙沼の方が出演したことがあります。古伊万里染付大皿。本人評価額は200万円でしたが中島誠之助さんの鑑定額は1万円でした。気仙沼ではよく知られている方ですが、なんというかこの結果にさぞかしがっかりしたことでしょう。その方のお名前を記すのは控えます。

話はもどって「千宗旦の茶杓」。はたして鑑定額はいかに。私は本物とみた。評価額は200万。だってさあ、頂き物だもの。隆さんはこれが〈結構なもの〉と知っていると思います。

結果がどうでるか、放送が終わっているのでサイトで鑑定額がわかるのですが、これは見ずに今夜の放送を楽しみにしています。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : なんでも鑑定団 生島隆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示