FC2ブログ

市民会館 50周年

あけましておめでとうございます。とはいっても、すでに1月6日で、正月気分というわけにはいきませんね。本年はじめてのブログです。

三陸新報の元旦/新年特集号を見ていたら、〈気仙沼市民会館50周年〉の特集記事がありました。今年6月で開館50周年を迎えるとのこと。


50周年
三陸新報1月1日記事より


市民会館は、旧気仙沼市の市制施行10周年記念事業として計画され、1970年に開館しました。あの場所は、私たちが気仙沼小学校3年生のときに学んだ、気小第2校舎があったところです。記事のなかの年表には1968年に市民会館建設予定地が気仙沼第2校舎跡地に決まったとの記述がありました。第2校舎はいつまで使われていたのだろうかという疑問も浮上。これは調べてみないとわかりません。

本日この記事を紹介したのは、ふたりの気中20回の同級生の名があったからです。一人は現在の館長、春日利春君(3年9組)です。気仙沼商工会議所の専務理事をつとめたあとに就任しています。付け加えれば、昆野牧恵さん(11組)が館長をつとめていたこともあります。

そして元旦記事、二人目の登場は〈謙ちゃん〉小山謙一君(9組)です。ご夫婦で登場。1979年に市民会館を結婚式場として利用したというのです。こちらは今年で結婚41周年。

市民会館
三陸新報1月1日記事の一部イメージ


謙一君は気仙沼市の職員でした。当時の職員の間では、「式場は市民会館で」という雰囲気があったそうです。結婚式場が今ほどなかった時代で、式・披露宴会場としても重宝されたとのこと。

記事の写真にうつる謙一君は若々しい。小中高の頃からずうっとこんな感じではないかな(笑)。記念のアルバムを手にしてのふたりの写真からは仲の良さもうかがえてなによりです。

今年もみんな仲良く元気に過ごしたい。そんな願いを込めての本年初ブログです。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 市民会館

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示