FC2ブログ

育英会の幡野さん

12月21日の三陸新報1面コラム「万有流転」では、公益財団気仙沼育英会の令和2年度奨学生募集が始まったことを紹介していました。

万有流転

三陸新報12月21日記事の一部イメージ


このなかに久しぶりに見る名前がありました。幡野寛治郎さんです。〈気仙沼市の育英会は、故幡野寛治郎さんを会長に、1952年1月「気仙沼市出身者で高校を卒業後、さらに上級学校に進学する者に奨学金を貸与し、もって英才の育成に寄与すること」を目的に設立された〉と。

幡野家の家業は材木業です。たしか幡野木材。八日町から化粧坂方向に向かう左側にあったような気がします。私が気仙沼高校美術部のころ、ポスターデザインや油絵を描くためのベニヤ板パネルの材料は幡野木材で買いました。事務所のガラス戸には立派な金文字で会社名が書かれていたように思います。そんなこともあってか、〈幡野〉と聞けば育英会、育英会と聞けば〈幡野〉を連想するといった具合でした。

現在は公益財団法人としての活動ですが、気仙沼育英会設立前には幡野家の私財を投じての活動であったと聞いたことがあります。育英会設立後も同様であったことでしょう。大変な困難があったであろうことは想像にかたくありません。

「気仙沼文化史年表」(荒木英夫著)によれば、幡野寛治郎さんは、1966(昭和41)年5月21日に亡くなっています。87歳。元教育委員長・初代気仙沼育英会会長と記されています。そして同年6月6日には「幡野茂夫を気仙沼育英会会長に選出」とありました。私は詳しく知らないのですが、寛次郎さんのご子息でしょう。

しかし、残念なことに茂夫さんは1975年7月12日に交通事故で急逝します。72歳でした。その後を引き継いだのは、〈丸和〉の尾形和市さん。一年先輩/気中19回生 和優さんのお父さんです。ネットで気仙沼育英会のことを調べていたら、現時点か以前かははっきりとしないのですが、気仙沼育英会の会長として尾形和優さんのお名前がありました。育英会とはお父様のご縁があったのですね。尾形和市さんは旧制気仙沼中学(現気仙沼高校)から東京帝国大学に進んだ英才です。気仙沼の教育に対する強い思いもあったのではないでしょうか。

冒頭に記したように気仙沼育英会の設立は1952年1月です。もうすぐ68。私が生まれたのが同年3月なのですぐわかります。私ももうすぐ68歳(笑)。育英会は多くの方々のご支援とご協力を得ての68年だったと思います。同会の援助を受けながら勉学に励んだ学生もかなりの数にのぼるはずです。

幡野寛治郎さん。気仙沼の教育を語るうえで決して忘れてはいけない方のお一人でしょう。三陸新報「万有流転」の記事を読み、そんな思いをあらたにしています。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 幡野寛治郎 気仙沼育英会

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お世話様です。いつも拝見してます。


幡野製材は、地図で確認したところ市役所の近くにあったみたいです。

魚市場前にもありました。旧河北ビルができる前までです。


亡き叔父が幼少のころ、木材置場で遊んでいたようです。(当時、二軒隣だったので)


おおきな会社だったので、他にもあったのかもしれませんね。


Re: タイトルなし

吉田さん。いつもありがとうございます。河原田の坂を降りたところ、いまの河北ビルの場所に製材所がありましたね。あれが幡野さんですか。市役所近くというのはわからないのですが。すると私の記憶にある幡野材木店はなんだろう。
それと本町の「切り工場」と呼んでいたところはどこのものだったのでしょうかね。管福組の向かいあたり。すべての記憶が濃い霧の向こうに(笑)。また、なにかわかったら教えてください。これからもどうぞよろしく。

幡野のじいちゃん

ご無沙汰してます。

寛次郎さんと言うのは、私たちが幡野のじいちゃんと呼んでた方ですが、確か高田に鮎釣りに行く道中の事故だったと記憶してます。
ブログの日付でみると、私が中1の時ですね。

はたののおづんっあんなぐなったんだって。ばばばば!って、当時の両親の会話が聞こえてくるようです。

場所は、小田さんが言われてように、八日町R45の左側、振商会通りの角から数えて3軒目で、向かいには鈴木金物屋(2軒手前がやまざきや)さんです。
男の2人兄弟が居て、遊びに行ったことがあります。
魚市場前の幡野さんとは親戚関係のはずです。

育英会のことは詳しく知りませんが、幡野のおんちゃん(寛次郎さんの息子)は、気高の野球部(早稲田では広岡と同級生だったとか)で、当時の野球部は部の用具代も満足に払えず、売掛が貯まる一方で見かねたじいちゃんが、部のために一肌どころか二肌、三肌抜いだと言う話を聞いたことがあります。

私の間違いかも

ブログをよく読むと、私の記憶違いがあるかもしれませんが、幡野材木店は間違いなく八日町にありました。
じいちゃん、おんちゃんの件ですが、おんちゃんは、健ちゃんと呼ばれてたように思いましたので、ブログに出てくる方とは違いますね。
幡野のじいちゃんと呼んでた方は、交通事故で亡くなったのでそのワードで思い込みがあったかもしれません。
高校のエピソードは、誇張があるかもしれませんが、身内から聞いた話です。

Re: 私の間違いかも

31回生さん。いつもありがとうございます。思い出しました。幡野材木店は八日町でしたね。なんか三日町のほうかと勘違いしていました。私は来年3月で68歳になるのですが、さすがに小さなころの記憶に自信がもてなくなりました。間違った記憶が妙に鮮明だったりするのが困りものです(笑)。

調査しました!

管福組のちかくだと、もしかしたら、加藤製材所かもしれませんね?屋号は ヤマカ です。

昭和の終わりの頃の地図を、メールしますので見てみてください!

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示