FC2ブログ

宮古屋SSオープン

明日12月21日に気仙沼大島に宮古屋のガソリンスタンド/サービスステーション(SS)が本設オープンします。本日12月20日の三陸新報に告知広告が掲載されていました。


宮古屋

三陸新報12月20日掲載広告より


宮古屋の熊谷雅裕君は気仙沼高校の同級生(気高22回)です。親しいので、震災前後の経緯もよく知っています。

震災前、宮古屋を継いでいたお兄さんが亡くなったことなどで、一度は大島に帰った雅裕君でした。しかし宮古屋の仕事も落ち着いたので東京に戻ってきたのが震災の1年前といったところではなかったか。

そして2011年3月11日。お母様は無事でしたが、店も自宅もすべて流されました。雅裕君は宮古屋復興のために同年7月27日に奥さんと一緒に気仙沼へ戻ることになったのです。それから8年5か月。やっとの本設SSをオープンすることができました。

気仙沼大島大橋(鶴亀大橋)が開通したのは本年4月7日のことでした。大島の浦の浜に整備中のウェルカムターミナルに民間商業施設「野杜海(のどか)」がオープンしたのは7月26日です。私が知る大島そして浦の浜とはちょっと違った風景がいまそこにあるはずです。そうした新しい気仙沼大島におけるサービスステーションの役割をしっかりと果たしてくれることでしょう。

友人のひとりとして、宮古屋さんの本設SSオープンに対し、心からお祝いを申し上げます。雅裕君、やっとここまできたね。おめでとう。


震災の年に記した雅裕君や宮古屋さんについての話はつぎのブログで。

2011年7月26日ブログ「恒四郎のプレハブ」
2011年10月27日ブログ「宮古屋の雅裕君」


◎週末テレビ情報

ついでながら、テレビ番組のご紹介を。12月1日に気仙沼市民会館で収録された、「明日へつながるコンサート」が22日(日)に放送されます。

明日へつながるコンサート
12月22日(日) 17:35〜17:53
NHK総合

番組案内を引用します。

歌で被災地を応援。今回は宮城県気仙沼市より、鳥羽一郎が「兄弟船」、ゴスペラーズが「ひとり」、大原櫻子「瞳」を熱唱。気仙沼中学校の子どもたちがコーラスで大原櫻子とドリカムの「何度でも」で共演。出演者全員では「明日があるさ」と「花は咲く」を歌う。地元の方に聞いた、身近でおこった「幸せニュース」を発表。司会は小松宏司アナウンサー。

12月1日にはこのコンサートをはじめ、10番組の公開収録が気仙沼でおこなわれました。11月4日のブログで紹介しております。

日曜日の「明日へつながるコンサート」。市民会館の観客席に知った顔がいるかどうか楽しみです。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 宮古屋 熊谷雅裕

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示