fc2ブログ

魚町2丁目に帰還

12月7日(土)の三陸新報に、〈魚町へ帰還 ! 記念大売り出し !! 〉とうたう広告が掲載されていました。

カヂワラ
三陸新報12月7日掲載広告より


陶磁器店(小さなころは瀬戸物屋さんと呼んでいた)「カヂワラ」さんの広告です。広告の文章を少し引用させてもらいます。

〈長らくお待たせしました。震災より8年8ヶ月ぶりに魚町の元いた場所に帰ってまいりました。トレーラーハウスにて営業しております。前の店よりだいぶ小さくなりましたが、今後ともお引き立ての程 よろしくお願い申し上げます。〉

ご店主の〈やっと魚町に帰ってきた〉という喜びが伝わってくるようです。

店名の下の住所に〈魚町2丁目(角星様となり)〉とありました。以前の角星の隣は、向かって右が角星園茶舗、左が田中砂糖店でした。左方向にさらにお店を思い出してみると、田中さんちの左が佐々木小児科、そして紙製品などの富田、その隣はたしか風呂釜などを扱うお店だったけど名前を思い出せない。その左がカヂワラさん。と思ったのですが、妻に聞いてみると、カヂワラさんが風呂釜なども扱っていたのではないかと。そういわれるとそんな気も(笑)。そしてそのまた隣は種苗や野菜を売っていたヨネキ商店だと思う。そしてダンディという理容店、乾物や食品の日渡商店。日渡の場所はその後の日山商店。

かなり記憶があいまいです。私が中学の頃の角星やカヂワラの向かい側を思い出してみると、向かって一番左が丸正ともうひとつボタンなどを扱う店がありました。数軒おいて洋食のワタブン、その右側が大内薬局だったか。あとはおぼろ。

角星の容子さんや佐々木小児科の隆君は同級生。田中砂糖店の明夫さんやヨネキの宮川さんは一年先輩の気中19回生でした。

佐々木小児科は、その後は裏側にあたるバス通りのほうに移転しました。和彦君の実家である佐藤小児科がどのへんだったかの記憶があいまいになってきました。南町だったか。このふたりについては、つぎのブログで。

2011年8月17日ブログ「医者の息子たち」

こうして振り返ってみても、あの魚町の一角だけでも多くの同級生や先輩がたくさんいたのです。人通りも多かった。歳末には通りの向かいにしめ縄などの露店も出ていましたね。

そうした私の魚町の記憶のなかにある〈カヂワラ〉さん。魚町での営業開始のお祝いを申し上げます。ご帰還、おめでとうございました。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : カヂワラ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20/小田

Author:気中20/小田
このブログは、東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/71~72歳)たちを支援する首都圏在住者「気中20回生支援会」ブログとして始めました。いまは、気仙沼出身東京在住者による気仙沼情報ブログとして、魚町育ちの小田(気中3年8組)が書いています。

Twitter: @kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示