FC2ブログ

ワンライン2019

ワンライン気仙沼イルミネーションの告知広告が12月5日の三陸新報に掲載されていました。12月7日(土)が点灯式で来年1月13日(月)まで。

ワンライン
三陸新報12月5日掲載広告


2012年に〈気仙沼クリスマスイルミネーション〉としてスタートしたこのプロジェクトですが、2013年からは気仙沼「湾」と共に、心を「ひとつ」にという想いを込めた〈ONE-LINE(ワンライン)〉という名を冠しています。今年で通算8回目となります。主催はONE-LINE実行委員会で、委員長は気仙沼観光タクシー代表の宮井和夫さんです。気仙沼市が共催します。

同日の三陸新報記事によれば、今年は内湾地区内や魚町の防潮堤、市役所周辺、災害公営住宅などを約25万個のLED電球で飾ります。

点灯式の会場は、南町海岸公園です。昨年の点灯式は〈旧 エースポート広場〉となっていました。「ムカエル(迎)」をはじめとする内湾周辺施設の海側広場なのでしょう。念のため申し上げれば、旧エースポートや市営駐車場一帯の住所表示がいまは「南町海岸」。魚町でも南町でもありません。震災前からのことだと思うのですが、いつからこうなったかはよくわかりません。

18:00から始まる点灯式のスペシャルライブは今年もMay J.さんです。May J.さんは、2011年8月11日に気仙沼小学校の校庭で開かれた復興支援ライブ〈気仙沼港まつり復活祭〉でも歌っています。イルミネーション点灯式ライブは2013年から毎年ですから今年で7回目ですね。劇団WAHAHA本舗の歌姫〈梅ちゃん〉こと梅垣義明さんも昨年につづいて登場します。

気仙沼イルミネーションを紹介したこのブログの過去記事を調べていたら、河北新報の2012年12月20日の記事を紹介していましたので再録します。




河北新報2012年12月20日配信記事より


この記事のなかに、宮井和夫実行委員長の言葉が紹介されていました。「東日本大震災で被災した町を明るくしたい。気仙沼の新たな風物詩になればいい」と。

2012年からお仲間とともに苦労して続け今年で8回目。その継続的な努力に敬意を表します。どうぞ皆さま、今度の土曜12月7日の点灯式にお出かけくださいますように。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 気仙沼イルミネーション

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/69~70歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示