FC2ブログ

磯部さんとのご縁

震災後にこのブログを始めて8年半になりますが、コメント欄やメールフォームを介して、問い合わせなどのご連絡をいただくことがあります。

7月19日、東京の「いそべとし男声合唱団」の長田茂さんという方からコメント投稿が届きました。「いそべとし」は「磯部 俶」。早稲田大学グリークラブの専任指揮者をつとめるなど、多くの合唱団を指導された方。作曲家でもあり、気仙沼市立水梨小学校の校歌もその作品のひとつであることを、本年3月26日のブログ「水梨小学校の校歌」で紹介しました。

「いそべとし男声合唱団」は、磯部俶さんの呼びかけで早稲田大学グリークラブのOBを中心に1974年に結成されました。長田さんは現在その代表をつとめています。

◎長田さんからの依頼内容

連絡内容はつぎのようなことでした。

長田さんは、磯部俶さんが作曲した校歌について調べており、すでに15校ほどの楽譜を収集済みでした。そのなかには、気仙沼市立階上(はしかみ)小学校の校歌も含まれています。そしてさらに調べていくうちに、私のブログ「水梨小学校の校歌」にたどり着いたというのです。

気仙沼市立水梨(みずなし)小学校の校歌が磯部俶作品であることは、このブログを読んではじめて知ったそうです。まさに〈新発見〉。しかしそこには、同校が少子化のため閉校になってしまったことも記されていました。新たな磯部作品の手がかりを得たと思ったら、4か月ほど前に閉校していたわけですから、その落胆ぶりが容易に想像できます。

そして長田さんは、水梨小校舎の壁面に貼ってあったと思われる楽譜のコピーかなにかを送ってもらうことができないかと。磯部俶作品として水梨小学校校歌をしっかりと残しておきたいとのお願いでした。

この依頼に対して、私は「関係者にたずねてみます」とすぐに返信しました。というのも、心当たりがあったのです。家内の小中高時代の同級生である加藤美貴子さんが水梨小学校の教壇にたっていたはずだと。そしてすぐ、加藤さんに連絡をとってみると〈どこかに保存されているはずなので探してみます〉との返事がありました。

その後の細かな経過は略しますが依頼を受けて1週間ほどあとに、加藤さんから長田さんへ磯部俶直筆楽譜のコピーや関連資料が発送されました。そして間もなく長田さんから、楽譜ソフトで浄書された水梨小校歌の楽譜がご丁寧にも私にも届いたのです。もちろん、加藤さんにも。8月1日のことでした。


◎長田さんの寄稿文

9月中旬、長田さんから封書が届きました。そこには「いそべとし男声合唱団ニュース」が。このニュースレターは第428号といますから、団の活発な活動がうかがわれます。そのなかに長田さんの寄稿文「消えた学校の校歌が、生き返った~磯部先生の校歌を探して」が掲載されていました。許可を得ましたので、その画像を紹介します。長田さんからの視点で、上述した経過が記されています。

会報記事
いそべとし男声合唱団ニュース第428号(2019年9月発行)より


しかしこうして振り返ってみると、いろいろな偶然が重なったことにあらためて驚きます。まさに〈縁は異なもの味なもの〉。

加藤美貴子さんが妻の同級生、それも私もよく知るごくごく親しい人でなかったら、ことはこうスムーズに運ばなかったでしょう。加藤さんが、水梨小学校閉校にあたっての記念誌制作をお手伝いしていたことも幸いしました。

◎気仙沼のコーラス活動
 
加藤さんは水梨小学校で学級担任とともに全校音楽集会の指導もおこなうなど、音楽に深くかかわってきたのです。そのあと階上(はしかみ)小学校に転任し、同校で退職しました。

なんと、水梨小だけでなく階上小の校歌も磯部俶さんが作曲したもの。私はこの偶然にもおどろきました。両校を去るときの卒業式では、加藤さんも歌唱指導したであろうそれぞれの校歌が歌われたはずです。

加藤さんは、気仙沼の合唱グループにいまも属しています。たしか〈若草コーラス〉だったかな。気仙沼はアマチュアコーラスが盛んで、気仙沼市アマチュアコーラス連絡会も組織されています。

震災後には同連絡会の企画で、磯部さんと強いつながりがある早稲田大学グリークラブが復興支援コンサートを開催してくださいました。2012年3月24日、気仙沼プラザホテル。早稲田大学男声合唱団 コール・フリューゲル30名の皆さんの歌声に、加藤さんはもちろんのこと、気仙沼稲門会/早稲田OBをはじめ参集していた皆さんがうっとりしたとのことです。今回の水梨小校歌楽譜に関するお手伝いが、グリークラブの皆さんへの恩返しのひとつになるとすればなによりです。
 
この気中20ブログ「水梨小学校の校歌」がきっかけでつながった長田さん、そして磯部俶さんとのご縁。こうしてふりかえってみても本当にうれしいできごとでした。そして私がありがたく感じたのは、長田さんが合唱団ニュースの文末に私の文章を引用してくれたことです。長田さん、ありがとうございました。本日の記事もその文をもって結びとします。

「 3月17日の閉校式では出席者全員で校歌を斉唱したそうです。子供たちやその父兄、そして多くは同校の卒業生であろう地区の人たちは、いろんなことを思い出しながらこの校歌を歌ったことでしょう」

3月26日ブログ「水梨小学校の校歌」

以上のブログ記事は、掲載前に長田さんと加藤さんに確認いただきました。加藤さんからの返信メールのなかには、磯部俶さんの楽譜についてのこんな一文がありました。〈このつながりがなければ、日の目を見ることのなかった直筆楽譜です。なにか、偶然ではかたづけられない強いご縁を感じています。本当にありがとうございました 〉。お礼を申し上げなければいけないのは私のほう。いろいろとありがとうございました。
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 磯部俶 水梨小学校 校歌

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示