FC2ブログ

「宮登」新店舗開店

10月25日の三陸新報に、気仙沼「宮登」さんの移転新築店舗のオープン広告が掲載されていました。


宮登
三陸新報10月25日掲載記事より


震災後、田中前に移転して8年とのこと。南町での42年とあるのは気仙沼市南町のマンボ通りのお店のことでしょう。

マンボ通りのお店を利用したことがあるかどうか、記憶が定かではありません。しかし(経営者の推移など詳しいことはわからないものの)その前の店には一度いった覚えがあるのです。

小学生のころ、たぶん父が出張していたときに母と私そして兄と3人で行ったような。場所は、南町なのか八日町なのかよくわかりませんが、振商会通り。清龍寺への登り口反対側の小路をちょっと入ったところだったと思います。入口の角は床屋さんだったかな。〈ちゃんこ鍋〉とはどんなものか。そんな母の好奇心からのことだったのでしょう。唐辛子かなにかでちょっと辛味があったようなことだけ覚えています。

震災後の田中前のお店には一度だけ行きました。2011年9月2日、震災後は仙台に暮らしていた母、そして兄夫婦、私と妻と息子の6人で、気仙沼へ。魚町坂口の家を引き払うためです。みんなで片付けをおえた3日の夜、予約していた宮登さんに行きました。母を囲んでの気仙沼〈最後の晩餐〉でした。料理がとてもおいしかったことを思い出します。

宮登さんの現在のブログタイトルは、「気仙沼ちゃんこ宮登三代目日記」です。南町マンボ通りの店は二代目のお店だったのでしょうか。唐辛子かなにかスパイスがきいた味は、初代の味付けだったのかもしれません。60年ほど前の味の記憶です。

宮登さんの移転新築店舗オープンのお祝いを申し上げます。おめでとうございました。

2015年6月24日のブログに、雑誌「考える人」で写真家の長野陽一さんが紹介してくれた「宮登」店主の熊谷博之さんと吉次(キンキ)の煮付けについて記しております。お手すきのときにでも。

2015年6月24日ブログ「考える人の気仙沼」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 宮登

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示