FC2ブログ

気仙沼の小さな家

きのうのブログで、和田誠さんのデザインによる東北ツリーハウス観光協会のロゴのことを紹介しました。本日紹介するのも同協会に関係する催事。「笹尾光彦さんの111枚のちいさな絵」展が10月18日から気仙沼図書館で開催されます。


笹尾さん
TOBICHI東京/イベントサイトより

TOBICHI東京/イベントサイト

TOBICHI東京の イベントサイトによれば、〈赤の画家〉として知られる笹尾光彦さんは、かねてより「100のツリーハウス」プロジェクトに心を寄せ、ご自身でも何らかの形で参加したいとずっと思っていたとのこと。そのお気持ちが、今回「気仙沼のために、絵を描き下ろす」ことに結実したといいます。笹尾さん、ありがとうございます。

「ほぼ日」さんが主体となって、つぎの3か所で展覧会が開催されます。

◎笹尾光彦 ~111枚の小さな家~

◎気仙沼図書館
10月18日(金)〜11月1日(金)
(最終日の展示は正午まで)
気仙沼図書館エントランス壁面
(気仙沼市笹が陣3-30)
◎TOBICHI京都
11月8日(金)~11月13日(水)
◎TOBICHI②(東京・南青山)
11月22日(金)~11月26日(火)

展示される作品は販売され、必要経費をのぞいた利益の部分が東北ツリーハウス観光協会へ寄付されます。気仙沼図書館での販売は難しいため、展覧会終了の翌日、11月2日(土)の14時くらいから、「気仙沼のほぼ日」で販売会を開催するそうです。

◎気仙沼の販売会
日時:11月2日(土)14時〜17時
場所:気仙沼のほぼ日
住所:気仙沼市神山5-19

この販売会の日程を記したあとにアレッと思いました。たしか「気仙沼のほぼ日」はことし11月1日で〈お開き〉になるのでは。そして、10月31日から11月1日にかけては「マジカル気仙沼ツアー2019」も開催されるはず。

そうか、この笹尾光彦さんの「111枚の小さな絵」展も、沼のハナヨメ/サユミさんがいう〈「気仙沼のほぼ日」おひらきのフィナーレ」〉のひとつなのか。

そう考えると、気仙沼のほぼ日が、〈小さな絵〉ならぬ、〈小さな家〉に思えてきます。そして2011年11月1日に開所した気仙沼のほぼ日がお開きになっても、気仙沼に始まる100のツリーハウスの活動はこれからさらに大きく広がっていくんだなあと。

そんなことを思いながら、和田誠さんデザインの東北ツリーハウス観光協会/100 TREE HOUSEのロゴをあらためて見てみると、そこにさまざまなビジョンが込められていることにきづきます。

気仙沼図書館での10月18日(金)からの展覧会に是非おでかけください。そして11月2日、お開き翌日の「気仙沼のほぼ日」にも。どうぞよろしく。

10月14日ブログ「和田誠さんに感謝」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示