FC2ブログ

「巨釜半造 春の海」

10月7日の三陸新報に、気仙沼向洋高校に自身の絵画作品を寄贈した同校OBの話が紹介されていました。

絵画寄贈

三陸新報10月7日記事の一部イメージ


絵を寄贈したのは東京都調布市の金野英文さん(76)です。向洋高校の前身である気仙沼水産高校の漁業科を1962年に卒業後、船員生活や会社員生活を送りながら趣味で絵画を描き続けてきたそうです。震災前の旧校舎時代にも複数の作品を寄付しているとのこと。

写真にうつっているのは、2枚組の「巨釜半造 春の海Ⅰ・Ⅱ」。地元在住の同窓生10人に囲まれている前列右から3人目が金野さんです。

76歳のいまも趣味で絵を描き続けているというのが素晴らしい。

昨年11月にも、向洋高校に絵画を寄贈したOBの方を紹介したことがあります。埼玉県富士見市の菅原清さんです。当時87歳。菅原さんが寄贈した絵は岩井崎の潮吹き岩でした。

気仙沼を離れて東京で暮らすおふたりが描く巨釜半造(おがまはんぞう)や岩井崎。筆を運ぶときに脳裏に浮かぶ風景を想像すると、絵を見ずとも深い味わいを感ずるような気がいたします。


2018年11月1日ブログ「菅原清さんの絵画」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 金野英文 気仙沼向洋高校

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示