FC2ブログ

生島さんの新刊本

ラグビーワールドカップ2019日本大会の開幕を間近にして、ラグビー関連書籍の発刊が相次いでいます。そのひとつ、気仙沼出身のスポーツライターである大友信彦さんの新刊「オールブラックスが強い理由」を8月28日のブログで紹介しました。

本日はもうひとりの気仙沼出身スポーツライター、スポーツジャーナリストである生島淳さんの著書をご紹介。きのう9月3日に発売された「奇跡のチーム」です。


文春文庫

文藝春秋BOOKSサイトより


この本は、2016年に発刊された生島さんの「エディー・ウォーズ」に新章を加筆して文庫化したものです。Amazonから内容紹介を引用します。


奇跡のチーム
ラグビー日本代表、南アフリカに勝つ

世界が震える勝利はこうして生まれた!
2015年9月19日、ラグビーW杯イングランド大会。強豪南アフリカに劇的な逆転勝ちをおさめ、世界を驚かせたラグビー日本代表〝エディー・ジャパン〟。勝利に至る歩みのすべてを選手・関係者への徹底取材して明らかにした傑作ノンフィクション。世界を舞台に勝ちたいすべての人に、示唆に富む一冊。単行本『エディー・ウォーズ』に新章を加筆して文庫化。

目次
プロローグ
第一章 エディー・ジョーンズ
第二章 マインド・ゲーム
第三章 スーパー・ラグビー・クライシス
第四章 ボーダーライン
第五章 カウントダウン
第六章 ゲーム・デイ
第七章 ドリームズ・カム・トゥルー
第八章 ラスト・デイズ
第九章 オン・ザ・ウェイ・ホーム
第十章 ミラクル・チーム
エピローグ

解説 畠山健介

(引用は以上)

引用部の最後に注目。解説者は畠山健介。畠山さんは、気仙沼出身(階上中学→仙台育英高校→早稲田大学)のラグビー選手として2011、2015年ワールドカップで連続して日本代表に選出されています。2017年5月から日本ラグビーフットボール選手会の会長をつとめています。サントリーサンゴリアスからの勇退は本年2月に発表されました。2008年から11シーズン在籍したことになります。

話を生島さんに戻すと、「奇跡のチーム」は文春文庫としての発刊です。大友さんの「オールブラックスが強い理由」は講談社文庫でした。生島さんも大友さんも気仙沼高校から早稲田。そのふたりによる文春文庫 VS 講談社文庫。こちらの戦いも見逃せません。なんちゃって(笑)。



2017年11月27日ブログ「生島さん兄弟の話」
 
スポンサーサイト



テーマ : 気仙沼
ジャンル : 地域情報

tag : 生島淳

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

気中20回生支援会

Author:気中20回生支援会
東日本大震災で被災した気仙沼中学校第20回卒業生(1967年3月卒/67~68歳)たちを支援する首都圏在住同級生を中心としたグループです。魚町出身東京在住の3年8組小田が書いています。

twitter:@kechu20

最近の記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
RSSリンクの表示